ゼレンスキー氏が欧州でさらに多くの武器を獲得する中、ウクライナはバクムートでの勝利を称賛

  • ローマ、ベルリン、パリの後、ゼレンスキー氏はロンドンへ
  • キエフはバグムートの北部と南部の郊外を制圧する
  • ベラルーシ大統領、ロシア上空で4機が撃墜されたと発言

[キエフ/ロンドン 5月15日 ロイター] – ウォロディミル・ゼレンスキー大統領がロシア侵略者に対する反撃に西側兵器を追加するため英国で新たな長距離無人機を導入するという約束を勝ち取り、ウクライナは月曜日、半年ぶりの大規模な戦場進出を歓迎した。 。

先週以来、ウクライナ軍はロシア軍を押し返し始めた。

「パクムート方向へのわが軍の前進は、パクムート防衛における攻撃作戦の最初の成功である」と地上軍司令官オレクサンドル・チルスキー大佐はメッセージアプリテレグラムでの声明で述べた。

同氏は「このような非常に困難な状況でも、我々が前進して敵を破壊できることがここ数日で証明された」と述べた。 「我々は敵よりも少ない資源で戦っているが、同時に敵の計画を打ち破ることができる。」

ウクライナ軍参謀本部は月曜夕方の戦場最新情報で、ロシア軍が激しい砲撃に支えられ、陣地を確保する努力を急いでいるが、市の西端にあるイワニフスケ村周辺への前進は失敗したと述べた。

バグムートの戦いは戦争の中で最も長く血なまぐさいものとなり、ロシアにとってトーテム的な重要性を持つものとなったが、数千人の命を奪った冬季戦役としてはこれ以上の賞賛はなかった。

過去6か月間、モスクワが作戦を強化する中、キエフは守りに転じ、第二次世界大戦以来ヨーロッパで最も血なまぐさい地上戦に数十万人の新たな予備兵と傭兵を送り込んだ。

キエフは現在、ロシアが併合したと主張するウクライナの6番目の領土を奪還することを目的として、年初から西側諸国から派遣された数百台の新型戦車や装甲車両を使った反撃の準備を進めている。

ゼレンスキー氏は月曜日、ロンドンで英国のリシ・スナック首相と会談した。ゼレンスキー氏は過去3日間にローマ、ベルリン、パリを訪問し、途中で主要な新兵器を携行してきたツアーの最後の訪問地である。

英国は先週、西側諸国として初めてウクライナに長距離巡航ミサイルを供与し、それに続いて月曜日のゼレンスキー大統領の訪問中に射程200キロ(125マイル)で攻撃可能な無人機の配備を約束した。

スナク政権はまた、戦闘機を操縦するためのウクライナ人パイロットの訓練を間もなく開始すると発表した。

「極めて重要な瞬間」

2023年5月11日、ウクライナに対するロシアの攻勢が続く中、最近銃撃を受けているウクライナのドネツク地方の最前線の町パクムート近くで、捕らえられたロシア兵に水を与えるウクライナ兵士。フリー・ヨーロッパ/ラジオ・リバティ/セルヒイ・ヌジネンコ経由ラジオ・ロイター

ゼレンスキー氏は、欧州側が約束した新兵器について「重要かつ強力」だと述べた。

同氏は月曜遅くにキエフに戻る列車の中でビデオ演説し、「我々は新たな軍事援助を受けて帰国する。前線向けの新しくて強力な兵器、国民の安全保障の強化、政治的支援の強化…」と語った。

スナク氏は、戦争は「極めて重要な時期」にあり、英国はウクライナ支援に引き続きコミットすると述べた。 「クレムリンにとって、私たちが去っていくわけではないことを知ってもらうことが重要だ。私たちは長期にわたってここにいる」

クレムリンは、英国のハードウェアの追加が紛争の方向を変えるとは信じていないと述べ、これをキエフが西側諸国との関係を追求することによってもたらされる安全保障上の脅威を排除するための「特別な軍事作戦」であると主張した。 キエフと西側の支持者らはロシアの行為をいわれのない土地強奪だと主張している。

ウクライナ軍は1年前にロシア軍を首都キエフから追い出し、2022年後半に2回の大規模攻勢で再び上陸したが、武器の到着を待つ間、ロシアの厳しい攻撃に耐えてきた。

ウクライナ当局は通常、攻撃の詳細について口を閉ざしているが、過去7日間でバグムートの北部と南部の郊外を奪回することで大きな成果が得られたと述べている。

モスクワは市の北に撤退することに同意しており、バグムート内で戦闘を行っているワグナー私設軍の司令官は、ロシア正規軍が北面と南面に陣地を残していると述べた。

ウクライナ当局者らは、この地域での戦闘はまだ始まっていない大規模な反撃の展開ではなく、局地的な展開として描いている。

評判の高いロシア報道機関が土曜日に報じた、ロシア軍機4機がウクライナ国内の目標への攻撃準備中にベラルーシとウクライナの国境付近で撃墜されたという報道は、月曜日、ベラルーシのアレクサンドル・ルカシェンコ大統領によってうっかり確認された。

ルカシェンコ氏の活動を報道するベラルーシの国営出版物ブル・ペルボヴォ・テレグラム・チャンネルによると、同氏はベラルーシの空軍司令部訪問中に語ったという。

ルカシェンコ氏は「私たちの近くで、つまりブリャンスク地方で4機の飛行機が撃墜された事件から3日後、私たちは対応を余儀なくされた。それ以来、私たち軍隊は厳戒態勢をとっている」と述べたという。 。

ウクライナからは公式な返答はなかったが、ウクライナは通常、ロシア国内での攻撃に関する報道についてコメントを拒否している。 しかし、ゼレンスキー氏の上級顧問ミハイロ・ポドリャク氏は土曜日、この事件を「正義…そして瞬間的なカルマ」と呼んだ。

ベラルーシはロシアと緊密な同盟関係にあり、ロシアは同国をウクライナ侵攻の発射台として利用したが、ルカシェンコ大統領はベラルーシは戦争に参加しておらず、ロシア軍と戦うために軍隊を派遣していないと主張している。

ピーター・グラフ著。 編集:マーク・ハインリッヒ

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  ブルズのリング・オブ・オナー式は醜悪なものとなり、ファンは未亡人の前でジェリー・クロスにブーイング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です