ソフトバンクの部門が約2年で最大規模の米国IPO計画を発表

無料の Arm Limited アップデートを入手

ソフトバンクが所有するチップ設計部門は、約2年ぶりの米国での最大規模の新規株式公開に向けたカウントダウンを開始し、来月初めにナスダック上場に向けた予備目論見書を発表した。

アームは、電気自動車メーカーのリビアンが当初時価総額700億ドルで上場した少なくとも2021年11月以来、米国でIPOを完了した最も価値のある企業となっている。

孫正義氏率いるソフトバンクは2016年に英国に本拠を置くアームを320億ドルで買収した。 月曜日の提出書類によると、ソフトバンクグループと日本の複合企業が管理する投資手段であるビジョン・ファンドとの間の今月初めのインサイダー取引では、この部門の価値は640億ドルと評価されていた。 。

目論見書は、ジョー・バイデン政権が米国の半導体企業の経営に制限を課している中、アームが売上高の4分の1近くを中国に依存していることを明らかにしている。 アームの中国事業は現地法人によって運営されており、アームもソフトバンクも管理していない。

Arm の設計は、あらゆるスマートフォンの心臓部となるチップを独占しており、99% 以上の市場シェアを占めています。 同社は提出文書で「世界人口の約70%が兵器ベースの製品を使用していると推定している」と述べ、同社の技術を搭載したチップが昨年の対象市場総額2000億ドルの49%を占めたと付け加えた。 。

しかし、ケンブリッジに本社を置くアームは、スマートフォン市場がここ10年で最大の落ち込みを見せる中、7年ぶりに公開市場に復帰する。

Armは、3月31日までの12か月の売上高が27億ドルで、前年比1%減少したと報告した。 純利益は5%減の5億2400万ドルとなった。 ArmはIPOからの収益を一切受け取らず、ソフトバンクが株式を売却することになる。

景気減速により、アームは自動車市場やクラウドコンピューティング市場に拡大し、知的財産の価値を高めることで新たな成長源を開拓するよう圧力をかけられている。 孫氏はまた、成長する人工知能市場におけるアームの役割を強調したいと考えている。

AIに特化したチップメーカーであるアームを買収する660億ドルの入札が2022年に決裂した後、ソフトバンクはアマゾン、インテル、エヌビディアを含むさまざまな顧客やテクノロジーグループとIPOへの投資家になることについて協議している。 投資家らは月曜日に申請を行った。

アームは目論見書に記載されたリスク要因の中で、世界最大のスマートフォン市場である中国に影響を与える「経済的および政治的リスクの影響を特に受けやすい」と警告した。 同国のロイヤルティ収入は昨年、経済成長と「輸出規制や国家安全保障問題に関連する要因」により減少した。

同社と中国の関係は、アリババやシャオミといった中国の顧客に自社の知的財産をサブライセンスする独占的権利を保有するアーム・チャイナの独特な所有構造によってさらに複雑になっている。

アームはアーム・チャイナを「極めて実行可能性がある」と表現したが、目論見書によると英国グループは昨年同部門の所有権をソフトバンク企業に譲渡し、間接所有権は4.8%となった。

しかし、中国政府の記録によると、英国グループのほぼ半分は中国人が所有している。 中国当局は中国合弁事業に兵器を直接関与させたいため、株式譲渡の登録を阻止しているとFT紙が先に報じた。

アーム・チャイナの元最高経営責任者アラン・ウー氏は、昨年深セン市当局によって追放されるまで、2年間にわたって同氏の追放運動と闘った。

アームはまた、財務諸表の作成に使用されるITシステムの管理に「重大な弱点」があることを特定したと指摘した。 昨年会計年度にこの問題に対処するための多くの措置を導入したが、完全に修正される時期については保証を示さなかったと述べた。

ソフトバンクへの長年の投資家は、日本のグループが厳しい市場で600億ドル以上の評価額で同社を上場できたことは、この過程で大手テクノロジー投資家としての孫氏の力に対する信頼を取り戻すのに役立つだろうと述べた。

Armの規模が大きいことと上場企業としての過去の歴史により、多くの従来のIPO候補者よりもリスクが低いと考えられているが、この取引は18カ月にわたる干ばつ後の米国IPO市場の強さを試すものとして注目されている。

ゴールドマン・サックス、バークレイズ、JPモルガン・チェース、みずほが他の24銀行とともにこの提案の主任アドバイザーとなっている。

月曜日の申請により、アームは9月初旬のレイバーデー休暇後に市場が再開した後にIPOロードショーを開始できるようになる。 アームは今年初めに秘密の予備目論見書を証券取引委員会に提出したが、企業は正式な株式売却プロセスが始まる少なくとも15日前までに文書を公開する必要がある。

Armの最高経営責任者(CEO)レネ・ハース氏は、IPO後に2000万ドルの現金賞と2000万ドルの株式賞を受け取る予定だ。

READ  またも驚くほど良好な雇用統計は米国経済が成長していることを示している

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です