チャールズ国王がバイデン氏とウィンザー城の衛兵との会話を目撃する恐ろしい瞬間

ジョー・バイデン大統領は月曜日、ウィンザー城での訪問式典でチャールズ3世国王に触れて王室の儀礼に違反したように見えて波紋を呼んだが、ウェールズの衛兵が城で長時間過ごしたために国王は冷静さを失っていた。 大統領を会話に引き込む。

バイデン氏は日曜遅くに英国に到着し、ロンドンの米国大使館で一夜を過ごし、そこで国王やビジネスリーダーらのグループ、米国と英国の当局者数名と面会し、その日の公務を終えた。

チャールズ皇太子が昨年国王に就任して以来初めての一対一の会談のためにヘリコプターで到着した後、バイデン氏は両氏が握手を交わす際、国王の肘に手を置き、長年宮殿を監視してきた人々の眉をひそめた。

米国大統領が警備員と談笑する中、チャールズ国王はバイデン大統領を迎えに行きたがっているようだ

(ロイター通信より)

これらの温かい挨拶の後、大統領はウィンザー・クアドラングルに集まったウェールズ衛兵隊を視察する際に国王の背中に手を置き、すぐ後に国王も同様のしぐさを返した。

2人は笑顔で上機嫌で宮殿の敷地内を散歩する姿が見られ、儀仗隊の見守り中にチャールズ皇太子がバイデン氏を急かそうとする場面もあった。

バイデン氏は検討対象の兵士の一人と会話を交わしながらも、動き続けるよう国王の丁寧なアドバイスに耳を貸さなかった。

儀礼では通常、君主に触れるべきではないと定められているが、バッキンガム宮殿関係者は語った。 人々 バイデン氏は、自分は儀典に違反しておらず、国王との会談に「全く満足している」と述べた。

ウィンザー城でジョークを交わすチャールズとバイデン

(クリス・ジャクソン/ゲッティイメージズ)

「それは個人とその国との間の温かさと愛情の素晴らしい象徴だった」と彼らは語った。

国王とバイデン氏は公の場で何度か会談しており、最近の2回の会談はグラスゴーで開催されたCOP26サミットと2021年のG7サミット中のバッキンガム宮殿のレセプションで行われた。

どちらの時も、気候変動と戦うためのそれぞれの取り組みが用意されており、バイデン氏の国王訪問でも同じテーマが議題となった。

二人は、女王陛下と、バンク・オブ・アメリカ、プルデンシャル、ブラックロックの最高経営責任者、米国気候変動大使のジョン・ケリーを含む数人の「慈善家と投資家」が参加する、ホワイトハウスが「気候変動に関する取り組み」と称したものに参加した。 英国国務長官(グランドショップ、エネルギー安全保障、ネットゼロ担当)。

シャブス氏は記者団に対し、バイデン氏が昨年署名したデフレ法案が「先進的なクリーンエネルギー目標」を達成したことに英国当局者らが「非常に満足している」と述べた。

大統領は国王の背中に手を置く行為は儀礼に違反しているように見えたが、宮殿は国王がその行為に「全く抵抗がなかった」と述べたと言われている。

(AP通信)

バイデン氏が国王に謁見したのは、リシ・スナック首相とお茶をするためにダウニング街10番地を42分間訪れた直後だった。

バイデン氏は裏庭で首相とともに座りながら、米国と英国の関係は引き続き「前向き」かつ「堅固な」方向に進んでいると述べた。

ジョー・バイデン、ウィンザー城で君主と会見

過去5カ月で英国首相と5回会談している米国大統領は、「戻ってこられて良かった」と冗談を言い、スナク氏とは「月に一度しか会わない」とコメントした。

英国首相は、自身とバイデン氏が短期間の二国間会談を利用して「どのように協力を強化するか」と「国民の利益のための共同の経済安全保障」について話し合うつもりだと述べた。

バイデン氏とリシ・スナック氏がダウニング街10番地で会談

(EPA)

同氏は、「われわれはその同盟における2つの強固なパートナーとしての立場にあり、ユーロ・大西洋の安全保障を強化するためにできる限りのことをしたいと思うだろう」と述べた。

国王との会談後、バイデン氏はロンドンを離れてビリニュスに向かい、そこで北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に出席し、その後北欧の指導者らと会談するためにヘルシンキに向かう予定だ。

READ  Xbox パートナー プレビュー 2023 年 10 月: すべて発表

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です