デサンティス氏と2024年の選挙活動報告書におけるペンス氏の悪いショーの警告兆候

フロリダ州知事ロン・デサンティスにとって、2024年大統領選挙の財政状況の全容は、土曜日の選挙活動届提出期限に合わせて明らかになり、水面下に潜んでいるようだった。

全体の資金調達総額は 2,000 万ドルに達したが、同氏はこう述べた。 デサンティス氏は手を尽くしており、大口寄付者への依存は草の根の支援の欠如を示唆している。 元大統領ドナルド J. トランプ陣営は1770万ドルの募金を報告したが、そのほぼ全額が別の団体から送金されたもので、寄付者は今月下旬まで報告されない。

一方、バイデン大統領と共同募金チーム、民主党全国委員会は、共和党大統領候補全員の合計とほぼ同額の資金を集めた。

元サウスカロライナ州知事で国連大使のニッキー・ヘイリー氏など、より穏健な共和党員は、長期にわたる堅実な支持と無駄のない選挙活動を行っているようだ。 元ニュージャージー州知事クリス・クリスティ氏の160万ドルの収入のうち約3分の1は小規模の寄付者からのもので、これは共和党の訴求力が高く比較的幅広いことを物語っている。

デサンティス氏以外にも、共和党にとって警告の兆しはあった。 マイク・ペンス元副大統領は120万ドルという微々たるものを寄付したが、共和党員の間で有意義な支持を獲得できるかどうか疑問が生じている。

そして、少なくとも現時点では、私財を費やす限り選挙運動が続く自己資金の候補者もおり、彼らは確かに多額の費用を費やしている。

以下は、4月1日から6月30日までの資金調達と支出を詳述した提出書類からの抜粋です。

レース開始から四半期終了までの 6 週間、Mr. デサンティス氏は選挙活動のために1,970万ドルを集めたが、そのうち1,690万ドルは200ドルを超える寄付によるものだった。これは彼が多額の寄付に依存していることの表れである。

そして彼はそのお金を素早く使います。

同氏の選挙陣営はその6週間で790万ドル近くを費やした、と同氏は土曜日に提出した。 130万ドルの高額な経費は旅行に割り当てられました(多くの業者はプライベートジェットのチャーターサービスを行っているようです)。 100万ドル以上の給与。 そして、デジタル募金コンサルティング、メディア掲載、郵送費にそれぞれ 80 万ドル以上かかります。

これは、他の共和党候補者と比較すると、40パーセントの「燃焼率」に相当する。 サウスカロライナ州のティム・スコット上院議員は、第2四半期に590万ドル近くを集め、670万ドルを支出したと報告した。 しかし、彼にはクッションがあった。彼は上院選挙活動から大統領選挙に向けて2,200万ドルを持ち込んだ。

氏デサンティスは6月末時点で手元現金が1,220万ドルあると報告した。 氏スコットは2100万ドルを持っていました。 これに対し、ヘイリー氏の陣営は530万ドルを受け取り、260万ドルを支出し、現金約680万ドルを報告している。

共和党候補者の世論調査では、Mr. トランプ氏は潜伏しており、膨大な財源と資金調達能力を持っている。 しかし、彼の正確な経済状況は複雑です。

今月、トランプ陣営は、前大統領が共同募金チームを通じて第2・四半期に3500万ドル以上を集め、その資金が選挙陣営と政治活動団体に送金されたと発表した。

土曜日に同氏の陣営が提出した書類には、寄付金、送金、払い戻しを含む総額1770万ドルの領収書が記録されており、そのすべてが共同募金団体からの送金だった。

残りの3,500万ドルはどこにあるのでしょうか? 共同募金委員会は月末までに報告書を提出する必要はない。 ニューヨーク・タイムズは先月、トランプ氏がここ数カ月で連立政権からさらに多くの資金をPACに注ぎ込んだと報じた。

元アーカンソー州知事エイサ・ハッチンソン氏は第2四半期に約50万ドルを集めたが、元テキサス州下院議員ウィル・ハード氏はわずか27万ドルしか集めなかった。

これらの有力な候補者たちは多額の資金を集めるとは予想されていないが、観測筋はわずか120万ドルの寄付しかなかったマイク・ペンス元副大統領にもっと多くの資金を集めることを期待していたのかもしれない。

氏ペンス氏の支出も非常に少なく、提出書類によるとわずか7万4000ドルだった。 同氏の陣営は、同氏が8月23日の共和党討論会の壇上に立つための条件の一つである個人献金者数の基準値である4万人に達したかどうかについては明らかにしていない。

金曜日、裕福な元ソフトウェアエンジニアであるノースダコタ州のダグ・バーガム氏は四半期報告書を提出し、150万ドルの寄付を集め、選挙陣営に1000万ドルを融資したことを明らかにした。

氏提出書類によると、ブルクム氏の陣営は前四半期に810万ドル以上を費やしたが、その中には目がくらむような広告費600万ドルも含まれている。 月末時点で、彼の手元には360万ドルの現金があった。

もう一人の共和党候補者、裕福な実業家ヴィヴェク・ラマスワミ氏は、前四半期に彼から230万ドルの寄付と500万ドルの融資を受け取っていたと報告した。 氏ラマスワミー氏は2月の選挙戦参戦以来、自身の陣営に1525万ドルを寄付している。 同氏は入札に1億ドルを投じると述べた。

彼が支出を続ける場合にはそれが必要になるかもしれません。 彼は4月から6月までにメディア掲載に150万ドル、旅行に数十万ドルを含む800万ドル以上を費やした。

バイデン陣営が小規模な作戦を展開していることはすでに明らかだったが、土曜日にその作戦がいかに小規模であるかが明らかになった。 6月末までに、大統領の再選に向けたスタッフは合計4人になった。

氏バイデン氏の選挙活動費にはコンサルタントとして2名が記載されており、1名はコミュニケーション担当、もう1名は会計担当であるが、これまでのところバイデン陣営の大部分はホワイトハウスと民主党全国委員会の関係者によって運営されている。

氏バイデン陣営、民主党全国委員会、およびその関連資金調達団体は、3カ月間の報告期間中に7200万ドルを集め、6月末時点で手元現金が7700万ドルになったと報告した。 同陣営は7月1日以降、数名のスタッフを追加しているが、運営の大部分を代表チームに委託する予定だ。

READ  英国は、ウクライナでのロシアの新たな攻撃が進展する可能性は低いと述べている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です