トヨタは過去20年で最大の賃上げを求める労働組合の要求に同意する

東京(ロイター) 世界最大の自動車メーカーであるトヨタ自動車は水曜日、日本企業が賃金引き上げの要求を強めているため、20年で最大の基本給の引き上げと賞与の引き上げに対する組合の要求を受け入れると発表した。

日本最大の雇用主の1つとして、 トヨタ (TM) 大手企業で春の労使交渉が本格化する中、彼はベルの限り働いた。 政府がインフレを抑制しようとしているため、多くはすぐに閉鎖されると予想されます 昇給 消費者の負担を軽減する。

交渉の最初のラウンドで組合の要求を完全に受け入れるという決定は、トヨタのためだけでなく、「業界全体のためであり、それがオープンな議論につながることを望んでいる」と、自動車メーカーの次期社長である佐藤浩二氏は語った. あらゆる組織における労使管理」。

トヨタの発表から数時間以内に、ライバル 本田技研工業 (HMC) 彼は、5%の賃上げを求める組合の要求に同意したと述べた。 ホンダの月間基本給の 12,500 円 (92.70 ドル) の上昇は、少なくとも 1990 年以降で最大です。

トヨタと 357,000 人のトヨタ グループ労働者を代表する労働組合総連合は、基本給の引き上げは 20 年間で最大のものであると述べたが、いずれも増加率は明らかにしなかった。

インフレが進行中 約4%数十年にわたるデフレから 40 年ぶりの高水準にある日本は、消費を回復させるために賃金を引き上げる圧力にこれまで以上にさらされています。

しかし、第4四半期の不況を回避したものの、予想をはるかに下回った経済の低迷により、アナリストは、賃金の上昇はトヨタのような大企業に限定されると述べています。

彼らは、日本人労働者の大部分を雇用している中小企業は、賃上げを転嫁するのに苦労するだろうと言います。

成功したスピーチ

トヨタは、賃上げはパートタイム労働者とシニア契約労働者にも適用されると述べた。 組合は、6.7 か月分の賃金に相当する 1 回限りのボーナスの支払いを求める組合の要求に同意しました。

全トヨタ労働組合の副事務局長である坂上隆樹氏は、組合は会社との合意にこれほど早く達することができて喜んでいると語った。

この合意は、岸田文夫首相が経済界の指導者らに賃金の引き上げを加速するよう呼びかけ、賃金の伸びが急速な物価上昇に及ばない場合、停滞に戻ることを警告したときに行われた。

岸田総理は、水曜日の低予算委員会で、「建設的な賃上げの努力を奨励することにより、消費を押し上げ、内需を拡大する」と述べた。

ファーストリテイリング (FRCOF)同社は先月、衣料品大手のユニクロを所有すると述べた 昇給 大手製造業者は、今春の労働組合との年次賃金交渉で、最大 40% までより多くの譲歩を行うと予想されています。

ビデオゲームプロデューサー 任天堂 (NTDOF) 同社は今月初め、通期の利益予想を引き下げたにもかかわらず、従業員の基本給を 10% 引き上げる計画を立てていると述べた。

READ  石油会社の年間利益記録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です