トヨタは10%の利益増加を目標、チップ問題緩和でEV販売好調

  • 通年の営業利益は222億ドルに増加すると予想している
  • 新年度には前年比11%増の1,010万台を目標としている
  • 第 4 四半期利益は 35% 増加し、予想を上回りました。 過去最高の年収を記録
  • 株価は2.5%上昇した後、0.8%上昇して取引を終えた。

[東京 10日 ロイター] – トヨタ自動車(7203.T)は水曜日、世界的な景気減速の中で純電気自動車(EV)の販売が5倍に増加し、今期の営業利益は10%増加するとの見通しを示した。 チップ不足によりサプライチェーンが混乱します。

この成長計画は、先月就任した新CEOの佐藤幸治氏によって発表され、日本企業による電動化へのより積極的な推進を示すものだ。 。

世界最大の自動車メーカーは、高級レクサスブランドのバッテリーEV販売が2024年3月までに世界で20万2,000台に達すると予想しており、これは昨年の3万8,000台の5倍以上となる。

トヨタの今事業年度の営業利益は3兆0000億円(222億ドル)に増加し、アナリストの平均予想3兆0200億円と一致する見通しだ。

この目標は、3月までの会計年度第4四半期の営業利益が3分の1増の6,269億円となったことを受けて設定されたもので、リフィニティブのデータによると、アナリスト10人の予想平均利益5,534億6,000万円をゆうに上回っている。

トヨタの戦略は世界最大の自動車市場である中国でプレッシャーにさらされており、BYD ( 002594.SZ ) などの動きの速い地元ブランドがバッテリーEVで積極的に動き、確立された外国ブランドの優位性を弱体化させている。

しかし、中国における純粋なバッテリー駆動車の需要は市場の新たな需要であり、ハイブリッド車の需要とは異なると佐藤氏は述べた。

「我々は双方で取り組みたい」と彼は語った。

利益目標は、円安や商品価格の上昇の影響よりも生産量の増加により達成され、海外売上高が増加しました。 今年3月期の売上高は円安効果もあり過去最高の37兆1500億円に成長した。

トヨタ株は決算発表前はほぼ横ばいで、発表直後に最大2.5%上昇し、0.8%安で取引を終えた。

EV加速

新たなEV販売目標は、業界トップのテスラ( TSLA.O )のまだ一部にとどまるが、トヨタのバッテリーEVの販売台数は、前年度の車両総販売台数のわずか0.4%から2%近くに増加することになる。

トヨタは声明で「半導体供給の改善などの要因により、全地域で(全体の)販売台数が増加し、(車両)生産台数が1010万台増加すると予想している」と述べた。 これは前年比 11% の生産増加に相当します。

中国の新興自動車メーカーやテスラを追い越してEV業界での競争力を高めることを目指すトヨタは、2026年までに新たなバッテリー駆動車10車種を発売し、年間150万台のEV販売を目指すと発表した。

佐藤氏は、トヨタは小型ビジネス車から高級車までの新モデルを主に米国と中国に焦点を当て、さまざまな地域に「カスタマイズされた」ソリューションを提供する取り組みを加速すると述べた。

以前に発表された次世代バッテリーEVに注力する専用ユニットはBEV工場と呼ばれ、車両のシャーシ、エレクトロニクス、ソフトウェアに焦点を当てた3つのフロアを持つ予定であると同氏は述べた。

同社は日本に設置していたゼロエミッション車の設計部門「ZEV工場」を廃止することを決めた。

トヨタは世界で最も売れている自動車メーカーの座を維持することに成功しているが、子会社ダイハツ工業での安全性試験の問題やグリーン投資家からの圧力など、多くの課題に直面している。

(1ドル=135.0500円)

ダニエル・ラシンクによるレポート。 編集:ケネス・マクスウェル

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  一匹のシャチが2分以内に白シャチを殺し、その肝臓を食べる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です