トラビス・キング氏「北朝鮮は米兵が差別で告発されたと発言」

  • クリスティ・クーニー著
  • BBCのニュース

画像のキャプション、

トラビス・キング一等兵は7月18日に国境を越えて北朝鮮に入った

北朝鮮は、米兵トラビス・キング氏が先月、軍内での「非人道的虐待と人種差別」を理由に領土に入ったと主張した。

韓国から来た23歳の二等兵は、7月18日にガイド付きツアー中に国境を越えた。

同国国営メディアは先に、私人国王が北部に「避難したい意向を表明した」と報じた。

米国政府は、この件に関する北朝鮮の最初の公的コメントとして、主張を検証することはできないと述べた。

国防総省当局者は、米国の優先事項は「利用可能なあらゆる手段を通じて」キング氏を安全に帰国させることだと述べた。

米当局者らは以前、私掠船キングが意図的に国境を越えたと考えていると述べていた。 それ以来、彼の姿は見えていない。

彼は2021年1月から陸軍の情報専門家であり、ローテーションの一環として韓国に滞在していた。

彼は国境を越える前に暴行容疑で韓国に2か月間滞在し、7月10日に釈放された。

彼は懲戒処分を受けるために米国に帰国しなければならなかったが、空港を出て北朝鮮と韓国を隔てる非武装地帯(DMZ)のツアーに参加することができた。

裁判中、トラヴィス・キングは北朝鮮に来る決意をしたことを認めた [North Korea] 北朝鮮国営通信社KCNAは、「同氏は米軍内の非人道的な虐待と人種差別に対して嫌悪感を抱いていた」と伝えた。

「彼はまた、不平等なアメリカ社会に幻滅していると述べ、北朝鮮か第三国に避難したいという願望を表明した。」

北朝鮮は、名目上依然として共産主義の統治下にある数少ない国の一つであり、長年にわたり極秘かつ孤立した社会となっている。 金正恩氏率いる同国政府は組織的な人権侵害で非難されている。

DMZは世界で最も厳重に防衛された地域の一つで、地雷が埋め込まれ、電気柵と有刺鉄線で囲まれ、監視カメラで監視されている。 武装警備員が24時間警戒態勢にある。

この地域の韓国側への同じツアーに参加していたという関係者は、グループがその地域の建物に行った様子を「そして、この男は『ハハハ』と叫びながらいくつかの建物の間を走った」と説明した。

「最初は悪い冗談だと思ったが、彼が戻ってこないので冗談ではないと気づき、その後みんなが反応して事態はおかしくなった」と匿名の証人はBBCの米国パートナーに語った。 CBSニュース

男性が渡ったときには北朝鮮兵士の姿は見られなかったという。

「バスに乗って戻る途中、検問所の一つに来ました。検問所の1つは、行きは43人、帰りは42人だと言っていました」と彼らは語った。

米軍人の福利厚生に対する懸念が高まっている。 朝鮮半島では北朝鮮当局者と国連の間で交渉が続いている。

動画のタイトル、

注目:北朝鮮で捕らえられた米兵の今後は?

READ  ドルフィンズのクォーターバック、トゥア・タゴヴァイロアがNFLの脳震盪プロトコルに入れられました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です