トランプ氏、機密文書訴訟で弁護士の証言を上訴

コメント

連邦控訴裁判所は、すべての重要なファイルの返還と引き換えに、ドナルド・トランプの弁護士が証言、メモ、およびその他の証拠を検察官に引き渡して、機密文書がどのようにして前大統領のマー・ア・ラーゴの自宅に置かれたかを調査する必要があるかどうかを検討しています. 法廷記録と問題に詳しい。

トランプ氏の弁護団は先週、下級裁判所の判事の判決に上訴し、弁護士のエヴァン・コーコラン氏は、証拠を提出するよう弁護士に要求したと述べた. 彼の法律サービスは潜在的な犯罪を助長するために利用された可能性があり、非常に機密性の高い文書を回収しようとする政府の取り組みを妨げている可能性があるため、事情に詳しい関係者が匿名を条件に語った。

大統領と副大統領は日常的に機密文書を扱っていますが、さまざまな法律の厳格なガイドラインには、この問題に関する明確なガイドラインがあります。 (ビデオ: Adriana Euro/The Washington Post)

前大統領の弁護士は、弁護士と依頼者の特権によって保護されていると主張した. 検察官はこれに応じ、連邦地裁のベリル・ハウエル判事も最終的にこれに同意した。

事情に詳しい関係者によると、ハウエル判事の判決の一環として、コーコラン被告は司法メモ、記録の写し、請求書を提出するよう命じられ、裁判官がこれらを精査したという。 彼は、トランプが機密文書の問題で彼自身の弁護士を誤解させた可能性があるという証拠があると結論付けました. ハウエル判決の詳細 ABCニュースが最初に報じた.

事情に詳しい関係者によると、トランプ氏の弁護士が上訴した後、上訴委員会はすでに決定の再検討を開始している。 新しい連邦裁判所への提出書類によると、3 人の判事からなる控訴審のパネルは異常に短いスケジュールで作業していることがわかります。訴訟の一方の側は火曜日の深夜までに、もう一方の側は水曜日の午前 6 時までに書類を提出する予定です。

異常に短いタイムラインは、すべての判事が民主党の大統領によって指名されており、迅速な統治を望んでいることを示唆しています。 パネルには、元 DC 上級裁判所判事のフローレンス パンと元サウスカロライナ州判事の J. マイケル・チャイルズがいます。 どちらもバイデン大統領が指名した 連邦法廷で、スティーブン G. チャイルズは、ブレイヤーが残した最高裁判所の空席を埋める大統領候補のリストに載っていた. パネルの 3 番目の裁判官であるコーネリア DL ビラードは、バラク オバマ大統領によって指名されました。

委員会がトランプ氏の上訴に反対する判決を下した場合、元大統領は最高裁まで戦いを挑む可能性がありますが、彼が勝訴する可能性が最も高いかどうかは明らかではありません.

コーコランの情報争奪戦は、昨年5月に召喚状を受け取った後、検察官がトランプと彼の顧問との間の会話の証拠を収集しようとしている程度を浮き彫りにしています.

コーコランの証言と証拠に関する非公開の法廷での議論で、司法省の調査を主導しているジャック・スミス特別検察官の弁護士は文書に書いた. 事情に詳しい関係者によると、この訴訟には、召喚状の対象となるすべての資料が差し戻されないようにするための意図的な努力の証拠が含まれていた.

事情に詳しい関係者によると、双方の意見を聞いた後、ハウエル氏は訴訟に有利な判決を下し、トランプ氏の法務チームがこの問題に関する議論に完全に正直ではなかった可能性があることを示唆した.

機密文書の調査は、トランプに焦点を当てたいくつかの犯罪捜査の 1 つです。 スミス氏は、2020 年の選挙結果を左右しようとするトランプ氏の主張に対する司法調査を監督しており、マンハッタンの大陪審は、口止め料の支払いに関連する業務記録の改ざんの証拠を審理し、アトランタ地域の大陪審が検討を行っています。 申し立ては、州の2020年の選挙結果をめぐる活動の調査に端を発しています。

アン E. マリモフはこのレポートに貢献しました。

READ  アラスカ航空1282便、離陸直後の遅れでPDXに帰還

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です