トルコのエルドアン大統領の選挙ライバル、「我々がリードしている」と発言

  • 世論調査は熾烈な競争があることを示唆している
  • エルドアン大統領の20年間の統治が危うくなっている

[イスタンブール 14日 ロイター] – トルコの野党指導者ケマル・キリクダログル氏は、日曜日の大統領選挙でタイップ・エルドアン大統領に対してリードしていると述べた。

イスタンブールの野党市長エクレム・イマモルは、前回の選挙の暫定結果報道における操作を引き合いに出し、国営アナドル庁が共有する暫定結果に誰も注意を払うべきではないとテレビで述べた。

トルコのメディアが放送したアナドルでの暫定結果では、タイップ・エルドアン大統領が得票率41.55%、クルドゥロオール氏の52.55%でリードしたが、集計が進むにつれて差は縮まりつつあった。

キリクダログル氏はツイッターで「われわれはリードしている」と述べた。

イマモグル氏は記者会見で、「我々は安心してこれを言える。キリクダログル氏は今日我が国の第13代大統領に宣言されるだろう」と付け加えた。

放送局DRTハーバーは、投票箱数41.83%に基づいてアナドルでの結果を報告した。

最初の集計結果の多くは通常、エルドアン氏の保守的な田舎の中心地から得られるため、初期の結果はエルドアン氏に有利と予想されていた。

日曜日の投票はトルコの100年の歴史の中で最も重大な投票の一つであり、この投票はエルドアン大統領の20年間の統治に終止符を打ち、トルコ国境をはるかに超えて反響を呼ぶ可能性がある。

選挙前の世論調査では6党連合を率いるキリクダログル氏がわずかにリードしており、金曜日の2つの世論調査では同氏の支持率が勝利に必要な50%の基準を上回っていた。 どちらも得票率が50%を超えなかった場合は、5月28日に第2回投票が行われる。

大統領投票は、人口8,500万人のNATO加盟国であるトルコを誰が率いるかだけでなく、トルコがどのように統治され、深刻な生活費危機の中で経済がどこへ向かうのか、そして外交政策の形も決定することになる。

投票は9時間の投票を経て午後5時(日本時間14時)に正式に終了した。

西側諸国の首都、中東、NATO、モスクワでは議会選挙が注目されている。

ウラジーミル・プーチン大統領の最も重要な同盟国の一人であるエルドアン氏の敗北はクレムリンを心配させるだろうが、バイデン政権やエルドアン氏と関係に問題を抱えている多くの欧州・中東の指導者らを慰めることになるだろう。

トルコの長年の指導者は、新しい橋、病院、空港などの巨大プロジェクトでトルコを近代化し、外国が求める軍事産業を構築し、NATO加盟国でありヨーロッパ第2位の国を世界的なプレーヤーに変えた。

しかし、低金利、生活費危機、インフレといった彼の不安定な経済政策は、有権者の怒りの標的となった。 トルコ南東部で5万人が死亡した壊滅的な地震に対する政府の対応が遅かったことが、有権者の落胆をさらに高めた。

キリクダログル氏は、長年にわたる国家弾圧を経て民主主義を刷新し、正統的な経済政策に戻り、エルドアン大統領の厳しい支配下で自治権を失った機関に権限を与え、西側諸国との脆弱な関係を再構築することで、トルコを新たな方向に導くと約束した。

反政府派が勝利すれば、クルド人の指導者セラティン・デミルタス氏や慈善家のオスマン・ガバラ氏などの著名人を含む数千人の政治犯や活動家が釈放される可能性がある。

二極化した政治

イスタンブールでクリクダログル氏に投票した64歳のアフメト・カルカン氏は、「今回の選挙は民主主義か独裁政治かの選択だと思う」と述べ、エルドアン氏が勝利すれば独裁政権がさらに強まるのではないかと懸念する批評家らの意見に同調した。

「私は民主主義を選択した。祖国が民主主義を選択することを願っている」と元保健省職員のカルカンさんは語った。

69歳のエルドアン大統領は、12回以上の選挙で勝利を収めた中で最高齢であり、民主主義を重視し、独裁者であることを拒否していると述べている。

イスタンブールの有権者メフメット・アキフ・カラマン氏は、大統領がいかに依然として支持を集めているかを説明し、エルドアン大統領は20年間権力を握った後の未来を代表していると語った。

「神のご意志なら、トルコは世界のリーダーとなるだろう」と彼は語った。

議会の投票は、エルドアン大統領のイスラム主義に根ざしたAK党(AKP)と国家主義政党MHPなどが含まれる人民同盟、そしてキリクダロオール氏の非宗教的な共和党(CHP)を含む野党6党で構成するキリクダロオール氏の国民連合との間の接戦となっている。 ムスタファ・ケマル・アタテュルクはトルコの建国者です。

投票箱の42%が開票された時点で、議会世論調査ではエルドアン大統領連合の得票率が57.95%、野党連合が28.65%を獲得した。

変化か継続か

強力な弁論家であり、運動の達人でもあるエルドアン氏は、選挙運動のあらゆる手段を尽くした。 彼はかつて世俗的なトルコで権利を剥奪されたと感じていた敬虔なトルコ人から激しい忠誠を集めており、彼の政治家としてのキャリアは2016年のクーデター未遂やいくつかの汚職スキャンダルを乗り越えてきた。

しかし、トルコによるエルドアン大統領の追放により、トルコの繁栄と基本的ニーズを満たす能力は低下し、2022年10月にはインフレ率が85%に上昇し、通貨リラが暴落した。

キリクダログル氏は、2017年の国民投票で可決されたエルドアン大統領の大統領職からトルコを議会制政府に戻すことを目指していると述べた。 エルドアン大統領は司法の独立性を回復するとも約束しており、批判者らはエルドアン大統領が反対派の抑圧に司法の独立性を利用してきたと主張している。

エルドアン大統領はトルコのほとんどの機関を厳しく管理し、リベラル派や批評家を疎外している。 ヒューマン・ライツ・ウォッチは、ワールドレポート2022の中で、エルドアン政権がトルコの人権記録を数十年にわたって後退させてきたと指摘した。

有権者の15~20%を占めるクルド人有権者が重要な役割を果たすことになるが、国民連合が単独で議会の過半数を達成する可能性は低い。

親クルド人人民民主党(HDP)は主要野党連合には属していないが、近年の党員弾圧を受けてエルドアン大統領と激しく対立し続けている。

アレクサンドラ・ハドソン著 フランシス・ケリー編集

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  中国の新たなチップ規制により、NVIDIAは30億ドルの損失を被る可能性がある株式チップを購入します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です