トルコ中央銀行は金利を500ベーシスポイント引き上げ40%とした

トルコのタクシム広場。初代大統領ケマル・アタチュルクの像とトルコ国旗が背景にある。

ソファの写真 | ライトロケット | 良い写真

トルコ中央銀行は木曜日、主要金利である指標となる1週間物レポ金利をさらに500ベーシスポイント引き上げて40%とした。

これは250ベーシスポイント(bp)の利上げを予想していたエコノミスト予想の2倍だった。

この動きは、高インフレと不況と闘うための同行の取り組みの継続とみなされた。 リラ, トルコの通貨。 同国のインフレ率は10月に61%に上昇した。

リラ このニュースを受けてドルは28.766ドルで取引され、ドルに対して若干ドル高となった。

ブルーペイ・アセット・マネジメントの新興国市場ストラテジスト、ティモシー・アッシュ氏は、500ベーシスポイントの上昇を予想した数少ない専門家の1人だ。

「CPRDによる非常に印象的な動き [Central Bank of the Republic of Turkey] —彼らの遺産を探求し、期待を超えることです」と彼はメモで述べた。

「これらの少年少女たちはインフレとの戦いに真剣に取り組んでいる」と彼は付け加えた。 「私たちは彼らの功績を認めなければなりません。」

この中央銀行の決定は、同国が長年にわたるインフレ急騰と劇的な通貨安を逆転させることを目指している中、トルコ国民に打撃を与えた一連の利上げを受けてのもので、その主な原因はアンカラ政府の頑固な金融緩和政策の結果である。 。

リラは対ドルで年初から35%下落し、過去5年間で対ドルの価値の80%以上を失った。

これは重要なメッセージなので、すぐに更新されます。

READ  アイオワ州高校銃乱射事件で少なくとも1人死亡。 現場は今や「安全保障」:当局

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です