ドイツとアイルランドの改革でユーロ圏が景気後退に陥る

  • ユーロ圏20カ国の2022年第1四半期と第4四半期のGDPはともに-0.1%に減少
  • ドイツ、アイルランド第 1 四半期の数値は以下のように修正されました
  • 第 1 四半期の雇用の伸びは 0.6% に上昇

[ブリュッセル 8日 ロイター] – 欧州統計局ユーロスタットが木曜日に発表したデータによると、第1四半期と最終四半期の成長率は下方修正され、ユーロ圏経済は2023年最初の3カ月は技術的な景気後退に陥ったことが明らかになった。 2022年。

ユーロスタットの報告書によると、20カ国からなるユーロ圏の国内総生産(GDP)は第1・四半期、2022年第4・四半期比で0.1%減少し、前年同期比では1.0%増加した。

ロイターがまとめたエコノミスト予想の平均成長率はゼロ%と1.2%だったが、5月16日に発表された速報値は0.1%と1.3%だった。

この修正は主に、ユーロ圏最大の経済圏が早ければ2023年にも景気後退に陥るとのドイツ統計局の第2次推計によるもの。

アイルランド経済の縮小率は当初予想の2.7%から4.6%に拡大したが、このマイナス幅は大手多国籍企業がアイルランドの成長に及ぼす影響によるものだった。

2022年第4・四半期のユーロ圏の数値も従来のゼロ値からマイナス0.1%に引き下げられた。

ユーロ圏がエネルギーや食品価格の高騰に苦戦し、パンデミック後の消費ブームが下火になったため、昨年末には景気後退が予想されていたが、初期の推計では同地域は景気後退を回避したとされている。

キャピタル・エコノミストは、ユーロ圏経済の見通しは厳しく、金利上昇の影響で第2・四半期にさらなる景気縮小が起こる可能性があると述べた。

S&Pグローバル・マーケット・インテリジェンスは、第2四半期にはサービス部門が主導して景気が回復し、その後減速し、金融情勢の逼迫が定着することで2023年末か2024年初めに新たな景気後退に陥るリスクがあると予測している。

ドイツとアイルランドに加え、ギリシャ、リトアニア、マルタ、オランダでも同四半期のGDPが減少した。

ユーロスタットは、家計支出が四半期GDPに0.1%ポイント、公共支出が0.3%ポイント、在庫変動が0.4%ポイント押し上げたと発表した。 輸入が減少したため、総固定資本形成は0.1ポイント増加し、純貿易はさらに0.7ポイント増加した。

逆に、雇用の伸びは2023年初めに加速し、従来の推計によれば、2022年第4四半期の0.3%から第1四半期には0.6%に上昇した。 これは年間 1.6% の増加です。

四半期ベースでは、ギリシャ、リトアニア、スロバキアを除くすべての国で雇用が増加した。

ユーロスタットのデータの詳細については、ここをクリックしてください。

http://ec.europa.eu/eurostat/news/news-releases

フィリップ・ブレンキンソップによるレポート。 編集:シャロン・シングルトン

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  アイスランドで地震と火山噴火の恐れから非常事態宣言

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です