ドナルド・トランプ氏、共和党の予備討論会には参加しないと表明

2024 年米国大統領選挙の最新情報を無料で入手

日曜日と月曜日の世論調査でドナルド・トランプ氏が党の指名候補をリードしていることが示されているため、ドナルド・トランプ氏は共和党の大統領討論会を欠席すると発表した。

トランプ大統領の動きは、有力な大統領候補が討論会に参加するという伝統を打ち破る。 2024年選挙戦に向けた最初の共和党討論会は水曜日の夜、ウィスコンシン州ミルウォーキーで予定されている。

連邦および州レベルでの刑事告発により選挙運動に影が薄くなった元大統領は、ここ数週間で出廷の必要性について疑問を強めている。

同氏は日曜日のソーシャルメディアへの投稿で、共和党候補と一緒にホワイトハウスに立候補しないことを認めた。

トランプ大統領は「国民は私が何者であるか、そしてエネルギーの独立、強固な国境と軍事、史上最大の減税と規制削減、ゼロのインフレ、史上最強の経済などで私がどれほど成功した大統領職を果たしてきたかを知っている」と書いた。 「だから私は討論会には参加しない」と付け加えた。

トランプ大統領は、日曜日に発表されたCBSの世論調査で、共和党の予備選挙有権者の62パーセントがトランプ氏を支持しており、党の指名獲得レースでこれまでで最大のリードを保っていることを引用した。

次に人気のフロリダ州知事ロン・デサンティス氏はトランプ氏の後を追い、調査対象者のわずか16%しか得られなかった。 残りの7人の大統領候補者の支持率はわずか1桁だった。

月曜日に発表された別の注目の世論調査では、来年のホワイトハウス候補指名争いの最初の選挙戦となるアイオワ州でトランプ氏が大きくリードしていることが示された。

アイオワ州のベテラン世論調査員アン・セルザー氏が実施したNBC/デモイン・レジスターの世論調査では、同州の共和党議員団の出席者の42パーセントがトランプ氏を支持していることが判明した。

デサンティス氏が19%で3位、サウスカロライナ州上院議員ティム・スコット氏が9%で続いた。 世論調査では、ここ数週間で刑事告発を受けているにもかかわらず、トランプ氏がリードしていることが示されている。 しかし同時に、アイオワ州におけるトランプ氏の優位性が全米よりも小さいことも示した。

ニューヨーク・タイムズ紙は金曜日、トランプ大統領が最初の討論会を欠席し、代わりにFOXニュースで保守系テレビ司会者のタッカー・カールソン氏とのインタビューに応じる予定だと報じた。 トランプ大統領はその計画を認めていないが、そのような決定は水曜日の討論会を主催するFOXにとって特に痛手となるだろう。

デサンティス氏を含め、トランプ氏の主なライバル全員が最初の討論会に登場すると予想されている。 スコット。 環境、社会、ガバナンスの投資撤退運動家ヴィヴェク・ラマサミー。 ニッキー・ヘイリー元米国国連大使。 そしてトランプ大統領の元副大統領であるマイク・ペンス氏。

「何が起こるか誰にも分かりません。私たちはどちらにしても準備はできています。しかし、このプロセスでの行動の多くはメディアを通じて濾過されているので、私は喜んでそうします」とデサンティス氏は金曜日、アトランタでの出演中に語った。ジョージア。

デサンティス氏はトランプ氏を激しく攻撃し、2020年の大統領選で不当に再選を逃したと主張した。: “現在の静的なものではなく、この国の将来に焦点を当ててほしいと思います。

ペンス氏はトランプ大統領が姿を現さなかったことを批判した。 「討論の場に参加する資格のある私たち一人ひとりが壇上に上がり、難しい質問に答え、さまざまな問題について明確な区別を付ける準備ができているべきです」と元副大統領はABCニュースに語った。 日曜日に。

討論会に参加するには、共和党候補者が一定の寄付金と世論調査の基準を満たし、本選挙で党の最終候補者を支持することを誓約する必要がある。

ウィスコンシン州は過去2回の本選挙で重要な激戦州であり、2016年にはトランプ氏がヒラリー・クリントン氏に僅差で勝利したが、2020年にはさらに僅差でジョー・バイデン氏に敗れた。

バイデン再選陣営の広報担当ケビン・ムニョス氏は、トランプ大統領がミルウォーキーへの出席を望まなかったのは、同州が同氏の「リーダーシップの失敗」を強調したためだと述べた。

READ  インディアナ州で竜巻が発生、少なくとも1人が死亡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です