ナスダック、S&P 500は新規雇用統計を受けて上昇、米国債は下落

2023年9月26日、ニューヨーク市のニューヨーク証券取引所(NYSE)のフロアで働くトレーダーたち。 ロイター/ブレンダン・マクダーミッド/ファイル写真 ライセンス権を取得する

  • 9月 – 米国の民間賃金の伸びがATPで急減速
  • 総合指数:ダウ0.07%上昇、S&P0.15%上昇、ナスダック0.45%上昇

[10月4日 ロイター] – 水曜日のS&P総合500種とナスダックは上昇した。 新たな指標で労働市場の冷え込みが指摘されたことを受け、米国債利回りが数年ぶりの高水準に近づき、投資家心理を支えた。

30年米国債利回りは2007年8月以来初めて5%を超えた。

主な成長株マイクロソフト( MSFT.O )、アマゾン・ドット・コム( AMZN.O )、エヌビディア( NVDA.O )、アルファベット( GOOGL.O )、テスラ( TSLA.O )は0.4─2.3%上昇した。

ADP全国雇用報告によると、9月の民間雇用者数は8万9,000人増加し、予想の15万3,000人を大幅に下回った。

グレート・ヒル・キャピタルのトーマス・ヘイズ社長は「これは連邦当局が十分な措置を講じたことを示すさらなる証拠だ」と述べた。

最新の統計は、米国の雇用創出が8月に予想外に増加した翌日に発表された。 火曜日は米国の主要3株価指数がいずれも1%以上下落して終了し、ダウ平均(.DJI)は6月以来初めて年初来マイナスに転じた。

今後の焦点は金曜日に発表される包括的な非農業部門雇用者数に移る。

CMEのフェドウォッチツールによると、トレーダーらは水曜日、11月と12月の金利が据え置かれる確率をそれぞれ81%、64%と予想している。

米東部時間午前10時01分現在、ダウ平均株価(.DJI)は23.83ポイント(0.07%)安の3万2978.55ドル、S&P500種指数(.SPX)は6.32ポイント(0.15%)高の4,235ドルとなっている。 総合株価指数 (.IXIC) は58.38ポイント(0.45%)高の1万3117.84。

消費財株( .SPLRCD )はS&P500の主要セクターの中で上昇を主導し1.0%上昇したが、エネルギー株( .SPNY )は2.4%下落した。

S&Pグローバルの9月総合購買担当者景気指数の最終値は、当初予想の50.1に対し50.2となった。

別の統計によると、新規受注が9カ月ぶりの低水準に減少し、9月の米サービス部門の減速が示された。

党内抗争により議会がさらなる混乱に陥る中、火曜日、米国下院の少数の共和党議員が共和党のケビン・マッカーシー議長を追放した。

ヘレン・オブ・トロイ( HELE.O )は、家庭用品・美容製品メーカーが第2・四半期の売上高と利益の減少を報告したことを受け、8.3%下落した。

スプルース・ポイント・キャピタル・マネジメントが害虫駆除会社が不足していると発表したことを受け、ローリンズ( ROL.N )は2.8%下落した。

下落銘柄の数は、ニューヨーク証券取引所では 1.02 対 1、ナスダックでは 1.10 対 1 の比率で先行銘柄を上回っています。

S&P指数は52週間ぶりの高値を更新せず、新安値は19銘柄だったが、ナスダック指数は4銘柄の新高値と162銘柄の新安値を記録した。

バンガロールのAngika BiswasとShashwat Chauhanによるレポート。 編集:ショーナック・ダスグプタ

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の理論」

ライセンス権を取得する新しいタブを開きます
READ  カーン氏のライバルが連立政権樹立に合意 – DW – 2024/02/14

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です