ニジェール危機が未解決のまま、ECOWASが予備軍を動員

ナイジェリアの将軍らが同国の選挙で選出されたモハメド・バッスム大統領を追放してから2週間後、木曜日、西アフリカの政府グループは、ニジェール危機からの明確な道筋を描くための緊急サミットに地域指導者らが集まる中、待機軍を動員したと当局者らは述べた。

西アフリカの指導者たちはサミットの終わりに、あらゆる選択肢がテーブルの上にあると述べた。 ECOWASとして知られる地域国家グループを率いるナイジェリアのボラ・ティヌブ大統領は、同グループは依然として「最後の手段として武力行使」を選択する可能性があると述べた。

ECOWAS軍がその可能性に向けて出動する中、サミットが開催されたナイジェリアの首都アブジャの当局者らは、この動きが軍事介入への第一歩となる可能性があるとの憶測も含め、発表によって引き起こされた混乱にすぐには対処しなかった。

地域アナリストらは、何らかの行動が直ちに行われるかどうかは疑問だと述べた。 アトランティック・カウンシルの優秀な仲間、J. ピーター・ボーム氏は語った。

オランダのクリンケンダール研究所の研究員アンドリュー・レボビッチ氏は、軍事介入の可能性は依然としてあるが、「それは交渉戦術である可能性がある」と述べた。

地域ブロックの指導者らは木曜日、クーデター後のナイジェリア軍事政権に1週間の期限を課したことよりも、軍事行動への支持を表明しなかった。 この期限は日曜日に期限切れとなったが、軍事介入の兆候は見られなかった。 クーデター指導者らは木曜日に新政権を発足させ、先週末に抗議のため大規模な集会を開催した。

ニジェールは西側から遠ざかりつつある

緊急サミットに出席した当局者らは、どの部隊が動員されたのかは明らかにしなかった。 この発表はおそらく、約2,700人の隊員からなるECOWASの待機部隊と、セネガル主導の西部歩兵大隊とナイジェリア主導の東部軍の両方を支援する統合兵站部隊に言及したものと思われる。

ボーム氏は、この発表は一般的すぎる可能性が高く、計画に何が含まれるのか、誰がそのような作業を提供するのかについて未解決の疑問が残っていると述べた。 西アフリカ諸国の中で、今のところそのような介入に軍隊を貢献していると表明しているのはセネガル、ベナン、コートジボワールだけである。 ナイジェリアも同じことをするかもしれないが、ティヌブ氏の計画はナイジェリア議会で反対に遭った。

軍事介入に懐疑的な人々は、ECOWASが軍隊を派遣すれば、ニジェールの隣国マリとブルキナファソがナイジェリア政権を支援する可能性があると指摘している。

レボビッチ氏は、ニジェールに駐留する数百人のアメリカ軍とフランス軍の安全についても懸念があり、彼らは「その真っ只中にいる可能性がある」と述べた。

このような任務にECOWASの待機部隊2,700人の兵士を派遣することは「当面の任務には十分ではない」とバム氏は述べ、いかなる軍事行動も軍事政権が支配するバズームへのリスクを増大させる可能性があると指摘した。

AP通信社、 2人の西側当局の言葉を引用すると、 木曜、ニジェールの支配グループは軍事介入の場合にはバッスム氏を殺害すると脅迫したと発表した。 そしてアントニオ・グテーレス国連事務総長 明らかにした バズームの安全が心配。

状況を考慮すると、ボーム氏は「たとえそのような作戦の実行に慣れている軍隊が指揮したとしても、これは危険な任務だろう」と語った。

READ  報道:マイク・ブーデンホルツァーがフェニックス・サンズの次期コーチに就任することに同意

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です