ニュージャージー沖で商業規模の風力発電所が承認

オーシャン・ウインド1プロジェクトは、2030年までに全国の沿岸海域で洋上風力タービンから3万メガワットの発電を行うというバイデン大統領の目標に向けた大きな一歩となる。 アトランティックシティから13海里に位置する。

タービンとは別に、浮体式タービンで生成された電力がリース地域に供給される3つの洋上変電所の建設の承認も求められている。

BOEMのディレクター、エリザベス・クライン氏は、この承認は「米国の洋上風力発電産業にとって新たな重要な前進」であると述べた。

このプロジェクトを支援するオフショア風力ビジネスネットワークの創設者兼最高経営責任者(CEO)のリズ・バードック氏は声明で、ニュージャージー州の労働者とメリーランド州ボルチモアの製造業者がタービンの部品の製造を始めていると述べた。

「オーシャン・ウィンド1社の今日の決定記録の発表は、エルステッドだけでなく、ニュージャージー州をリードする洋上風力産業にとっても大きな変化を意味する」とニュージャージー州知事フィル・マーフィー(民主党)は述べた。 2040年までに、Mr. マーフィーは言いました。

バイデン政権はすでにマサチューセッツ州マーサズ・ヴィニヤードにある「ヴィニヤード・ウィンド」と呼ばれる62基のタービン施設を承認している。 また、ニューヨーク州ロングアイランドに電力を供給するロードアイランド沖の12基のタービンプロジェクトであるサウスフォークウィンドも承認した。

しかし、障害もあります。 地主と漁業団体は、風力発電所が地元の漁師や北米セミクジラに与える影響を政府が十分に調査していなかったとして、ヴィンヤード風力発電プロジェクトの差し止めを求めて訴訟を起こした。

ニュージャージー州では最近、風力タービンが海洋生物に危害を与え、ニュージャージー州の海岸管理規則に違反する可能性があるとして、3つの団体がオーシャン・ウィンド1プロジェクトの差し止めを求めて州を訴えた。 「ロングビーチ島を救え」「ニュージャージー州の私たちの海岸を守れ」「ブリガンティンビーチを守れ」の代理人弁護士ブルース・アフロン氏は、地域活動家らは水曜日の承認に異議を唱えるつもりだと述べた。

オーシャン・ウィンド1を承認するにあたって、バイデン政権は環境攻撃からこのプロジェクトを擁護し、政府機関がウミガメやタイセイヨウチョウザメを含む海洋生物を保護するための「包括的な」措置を課したいと述べた。

1月以来、東海岸で25頭のクジラが座礁または死亡し、物議を醸している。 反対派は、洋上風力発電プロジェクトのために実施された地震調査が原因だと主張している。 科学者らは関連性を示す証拠はなく、気候変動など他の要因が疑われると述べている。 海洋生物は、船との衝突や漁具の絡まりに対してより脆弱な海岸近くなど、新たな地域への移動を増やすことで海洋温暖化に適応している。

米国海洋大気庁はウェブサイトで、「最近のクジラの大量死と進行中の大気調査との間には関連性はない」と述べた。

連邦政府の承認は、今後建設が開始されるオーシャン・ウィンド1に対する最後の規制ステップとなる。 オルステッドは2024年末か2025年初めに操業を開始する予定だ。

READ  上場オプション入門:上場オプションとは何で、どのように機能するのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です