ノエムは犬とヤギの殺害について記した本の文章を保存している



CNN

副大統領候補のサウスダコタ州知事クリスティ・ノームは、近刊予定の著書で家族の農場で犬とヤギを殺すとして描かれている行為を擁護した。

ある部分によると、それは ガーディアン紙が報じたノームは愛犬クリケットを「しつけができない」「接触する人にとって危険」「狩猟犬としては価値がない」という理由で殺す。

ガーディアン紙によると、ノームさんは「あの犬が大嫌いだった」と書いている。

ノエムさんは冒頭で、電子首輪を付けて「訓練された殺人者のように」犬を扱ったが、最終的にはある事件の後、砂利場で彼女を射殺する決断をしたと書いている。 その犬は地元の家族の鶏を襲い、彼女を噛みました。

ガーディアン紙によると、ノエムさんは「楽しい仕事ではなかったが、やらなければならなかった。それが終わった後、また不快な仕事をしなければならないことに気づいた」と書いている。

次に、ガーディアン紙は、ノエムが同じ方法でヤギを撃った本の一部を引用している。 ノエムさんはヤギを「不快で不快」で「不快で麝香で狂ったような」臭いがすると表現している。 ノーム氏は、ヤギには子供たちを追いかけて倒す習性があると付け加えた。

典型的な政治家と自分を区別することを目指して、ノームはこう書いている。「もし私が偉大な政治家だったら、ここでその話をしないだろう。」

ガーディアン紙の記事の写真を投稿したノムさんは、農場での自身の行動は珍しいものではないと述べた。

「私たちは動物が大好きですが、このような難しい決断は農場では常に起こります。悲しいことに、25年間私たちの家族として飼ってきた3頭の馬が数週間前に殺処分されなければなりませんでした。本物で、正直で、政治的に正しくないものを望むなら、メディアに衝撃を与えたニュース「No Going Back」 事前にご注文ください。 何かが投稿されました X では、彼は自分の本へのリンクを共有しました。

ノム氏は熱心なトランプ支持者で、トランプ氏が支持した数人の政治家の一人で、副大統領候補の候補者リストに名を連ねている。

4月初め、ノム CNNのダナ・バッシュ氏はこう語った。 同氏は、たとえニューヨークの口止め料捜査で有罪判決を受けたとしてもトランプ氏を支持すると述べた。

トランプ大統領の副大統領としての可能性についての憶測が続く中、ノム氏はマイク・ペンス元副大統領と同じ立場だったら2020年の選挙に出馬を認めていたかどうかについては明言しなかった。

彼女は結んだ 2 月の投票で第一候補者に選ばれた場合 2月の保守党政治行動会議では、トランプ大統領に誰を副大統領候補に選んでほしいか参加者に尋ねた。 ノーム氏と元大統領候補ヴィヴェク・ラマサミー氏は、ストロー投票でそれぞれ15%の票を獲得した。

党大会中、サウスダコタ州知事は、2024年のトランプ大統領との共和党予備選に参加した人々を厳しく非難し、彼らが「個人的な利益のため」で「一定期間注目を集めている」ことを示唆した。

「ドナルド J. 私はトランプ大統領を最初に支持した人の一人でした。 昨年、みんなが私に大統領選に立候補するかどうか尋ねたとき、私はノーと答えました。 勝てないのになぜ大統領に立候補するのか? 誰かが言いました。

CNN のシャナイア・シェルトン氏がこのレポートに貢献しました。

READ  黒人オーレ・ミスの抗議者に向かって猿のような音を立てた男性を友愛団体が追放

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です