ノキア、5Gおよびその他のテクノロジーをカバーするためにアップルとの特許ライセンス契約を更新

ヘルシンキ(AP通信) – ネットワークインフラストラクチャおよび5G技術プロバイダーのノキアは、2023年末に期限が切れる両社間の現在の契約に代わるものとして、アップルと新たな長期特許ライセンス契約を締結した。

この契約には、アップルがフィンランド企業の技術を自社製品に使用できるようになるもので、5Gやその他の技術におけるノキアのイノベーションが含まれている。 金曜日遅くに発表された契約条件は機密扱いとなっている。

ノキアはこの取引に関連した収益を2024年1月から認識する予定で、同社はこの取引は第1四半期に発表した長期見通しと一致していると述べた。

Nokia Technologiesのジェニー・ルカンター社長は声明で、「この契約は、Nokiaの特許ポートフォリオの強さ、研究開発への数十年にわたる投資、携帯電話規格やその他の技術への貢献を反映している」と述べた。

Apple と Nokia 間の前回のライセンス契約は 2017 年 5 月に発表されました。

ノキアの特許ポートフォリオは、2000年以来研究開発に投資された1,400億ユーロ(1,530億ドル)に基づいて構築されており、5Gに必須と宣言された5,500以上の特許ファミリーを含む約20,000の特許ファミリーを有している。

スウェーデンのエリクソン、中国のファーウェイ、韓国のサムスンと並び、フィンランドのエスポーに拠点を置くノキアは、最新世代のブロードバンド技術である5Gの世界有数のサプライヤーの1つである。

READ  全仏オープン ライブ: 女子準決勝のイカ・スビアテク対ココ・ゴフのアップデートと最新テニススコア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です