ノバク・ジョコビッチ、全米オープン男子決勝でダニエル・メドベージェフと対戦

ジョー・ソールズベリー(左)とラジブ・ラムが全米オープンのダブルスで3連覇を達成した。借金…アルベロ/ゲッティイメージズ

男子シングルス選手権は、2023 年の全米オープンで提供される 19 番目で最後のタイトルです。 土曜日の女子シングルスでココ・ゴフが大勝したことはご存知だと思います(ブログをご覧になっていない方は、こちらからご覧いただけます)。 しかし、他の新しく戴冠したチャンピオンはどうなのでしょうか?

ダブルスは全米オープンの歴史に新たな章をもたらしました。 アメリカのラジブ・ラムとイギリスのジョー・ソールズベリーは、ニューヨークで男子ダブルス3連覇を達成したオープン化時代初のペアとなった。 デビッド・ウォルドスタインは、負けたチーム、ローハン・ボパンナとマシュー・エプトンのスポーツマンシップの印象的な表現についても書いている。

女子ダブルスではカナダのガブリエラ・ダブロウスキーとニュージーランドのエリン・ラウトリフがローラ・ジークモンドとベラ・ズボナレワを破った。 また、混合ダブルスでは、カザフスタンのアンナ・ダニリナとフィンランドのハリ・ヘリオバラが、ランキング1位のアメリカのジェシカ・ペグラとオースティン・クライチェクを破った。

もう一人の若いアメリカ人がジュニア選手権で全勝し、18歳のキャスリン・ホイがテレサ・バリドバを破って女子シングルスのタイトルを獲得した。 男子シングルスではブラジルのジョアン・フォンセカが同じく男子イベントに出場したアメリカのラーナー・ディオンを破ったが、1回戦でフランシス・ティアフォーに敗れて優勝した。 ジュニアダブルスでは、ルーマニアのマラ・ケイとロシアのアナスタシア・ゲレバが、サラ斉藤と佐藤菜々花、スウェーデンのマックス・ダーリンとエストニアのオリバー・オジャカール、フェデリコ・ポンティオーリとジョエル・シュワルツラーを破った。

車椅子選手権では、女子テニスの有力チームが3年連続のカレンダー制覇を達成した。 オランダのディエデ・デ・グルートが上地唯をストレートで破り、2021年以降は毎年4大メジャーすべてで優勝している。 男子部門では、アルフィー・ヒューエットが同じ英国人でダブルスのパートナーであるゴードン・リードを破った。 また、クアッド決勝では、ダブルスのパートナーであるオランダのニールス・ウィンクとサム・シュローダーが、土曜日のオープンで3度目のダブルスのタイトルを獲得した後、ルイ・アームストロング・スタジアムでタイトルをかけてアンディ・ラプソーンとドナルド・ランバディと対戦する。

車いす男子ダブルスでは、フランスのステファン・ウデ選手と日本の真田貴史選手が三木拓也選手、小田時人選手を破って優勝した。 女子ダブルスでも、日本の上地優衣と南アフリカのコダツォ・モンチェンがディーデ・デ・グルートに代わって卒業し、ジスケ・グリフェオンがグリフェオンの負傷により欠場した。

車椅子選手権のジュニア部門では、英国のダノン・ウォード選手が男子シングルスで第1シードのフランチェスコ・ペリシ選手を破り、さらにチャーリー・クーパー選手率いるアメリカチームを破って同じ英国人のジョシュア・ジョンズ選手と組んで二冠を獲得した。 そしてトーマス・マジェディク。 女子チームも2勝を挙げ、フランスのクセニア・シャスタウ選手がシングルスでアメリカのメイリー・フェルプス選手を破り、ダブルスではフェルプス選手と組んでサビーナ・ツァウス選手と高室優馬選手と対戦した。

READ  トランプ大統領選挙訴訟で起訴される可能性のあるジョージア州大陪審が選出された

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です