ノバスコシア州の洪水は「想像を絶する」被害を引き起こす。 4人が行方不明になっている

[オタワ、7月22日 ロイター] – カナダ大西洋岸のノバスコシア州では、過去50年以上で最も激しい雨が「想像を絶する」被害をもたらし、子供2人を含む4人が行方不明になったと当局が土曜日に発表した。

金曜日に始まった嵐は、一部の地域でわずか24時間で25センチ(10インチ)以上の雨を降らせた。これは通常3か月で降る量と同じ量だ。 その結果生じた洪水により、道路は流され、橋は弱くなり、沼地では建物が水没した。

ノバスコシア州のティム・ヒューストン首相は「我々は恐ろしく重大な状況にある」と述べ、少なくとも7つの橋の架け替えか再建が必要になると付け加えた。

同氏は記者会見で「家屋への物的被害は…想像を絶する」と語った。 同氏は、ヒューストン郡は連邦政府からの多大な支援を期待していると述べた。

ジャスティン・トルドー首相はトロントで記者団に対し、洪水を非常に懸念していると述べ、オタワ州に対し「必ず現場にいる」と約束した。

この洪水は、今年カナダを襲った最新の気象関連災害である。 山火事はすでに記録的なヘクタールを焼き尽くし、煙の噴煙を米国に送り込んでいる。 今月初め、大雨により米国東部の複数の州で洪水が発生した。

当局はノバスコシア州最大の都市ハリファックスと4つの地域に非常事態を宣言した。

ハリファックスの地方自治体は「道路やインフラへの重大な被害」を報告し、人々に車を使わず自宅に留まるよう呼び掛けた。

ハリファックスからソーシャルメディアに投稿された画像には、放置された車が洪水に浸かり、救助隊員がボートを使って人々を救出する様子が映っていた。

ヒューストン市は警察の話として、子供2人が乗っていた車が沈没し行方不明になったと発表した。 別の事件では、男性と若者が車が深い水に沈んで行方不明になった。

一時は8万人以上が停電した。

カナダ環境省は、日曜日まで州東部で大雨が予想されている。

ハリファックス市長のマイク・サベージ氏は記者会見で、「人々はすべてが終わったと考えるべきではない。非常にダイナミックな状況だ」と語り、同市は「聖書のような雨」に見舞われたと付け加えた。

カナダ放送協会の気象学者ライアン・スノードン氏は、ハリファックスの降雨量は1971年にハリケーンがハリファックスを襲って以来最大となったと語った。

土曜早朝、セントクロイ川水系近くのダムが決壊する可能性があるとの懸念から、ノバスコシア州北部当局は住民に避難を命じた。 その後、彼らは立ち退き命令を取り消した。

デビッド・ラングレンによるレポート。 編集:ダニエル・ウォリス、リチャード・チャン、ポール・シマオ

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

以前はロンドンとモスクワに拠点を置き、ロイターの財務スクープ・オブ・ザ・イヤー賞を受賞しており、カナダの政治、経済、公共ニュースのほか、北米全土の最新ニュースをカバーしています。

READ  トランプ大統領の弁護士は、前大統領は訴追されないと主張

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です