ノースカロライナ州のダイムラーのトラック労働者が合意に達し、ストライキを阻止

全米自動車労働組合は金曜日、ノースカロライナ州のダイムラー・トラックと労働者に今後4年間で25%の賃上げを与える11時間合意に達し、土曜日に始まる予定だったストライキを回避した。

労働組合は、ダイムラー従業員7,300人を対象とする新たな契約に合意できなければ脱退する用意があると述べていた。 前の契約は金曜日に期限が切れた。 ドイツの会社はノースカロライナ州に 4 つの工場を持ち、そこでフレートライナーとウェスタンスターのトラック、トーマス製のバスを製造しています。 この組合はアトランタとメンフィスの部品配送センターの労働者の代表も務めている。

この協定には、利益分配、生活費の自動引き上げ、ノースカロライナ州の工場労働者間の賃金均等化などが含まれており、長年労働組合が弱かった南部諸州で勢力拡大を図るUAWにとって勝利となった。

UAWのショーン・ファイン氏は金曜日遅く、協定の初年度に労働者に少なくとも16%の昇給を与える協定を発表し、「期限が近づいてきたので、会社は突然交渉の準備ができた」と述べた。

ダイムラー・トラックは声明で、UAW加盟国が「すべての当事者の相互利益のために」暫定協定を批准することを期待していると述べた。

ストライキは国家政治的な影響を及ぼしていただろう。 ノースカロライナ州は民主党知事がいる政界激戦州だが、2020年にはバイデン大統領が僅差で同州を失った。 氏バイデン氏はダイムラーが労働者支援に積極的に介入する可能性があることを示唆した。 – 選挙日の数か月前にビジネス民主党。

UAWは南部で勢力を拡大している。 今月はテネシー州チャタヌーガ。 のフォルクスワーゲン工場の労働者が労働組合の代表者に投票し、大きな勝利を収めました。 アラバマ州のメルセデス・ベンツ工場の労働者は、5月中旬に労働組合を結成するかどうかを投票する予定だ。

2021年にメルセデス・ベンツから分離したダイムラー・トラックの労働者は、数十年にわたってUAWの代表を務めてきた。 昨年のフォード・モーター、ゼネラル・モーターズ、そしてジープ、クライスラー、ラムのオーナーであるステランディスの従業員に対し、昨年のストライキ後、ここ数十年で最大となる賃上げを勝ち取ったことを受け、組合はさらに強固な姿勢をとっている。

ダイムラーの労働者の利益が得られれば、トヨタやテスラなどの企業を含む米国の自動車工場の組織化を目指すUAWの推進に勢いが増す可能性がある。

ノースカロライナ州の労働者らは、ダイムラーが巨額の利益を上げている一方で、生活のやりくりに苦労していると語る。 シュトゥットガルトに本拠を置く同社は昨年、純利益が前年比44%増の40億ユーロ(42億5000万ドル)だったと報告した。 米国、カナダ、メキシコでの売上が利益の半分を占めた。

組合は、黄色いスクールバスがよく見かけるトーマス・ビルト社は、電気バスに対する連邦政府の補助金から数百万ドルの恩恵を受けていると指摘している。 トーマス・ビルドの従業員の収入は他の工場よりも低いが、今回の契約により不足分を補うための昇給が得られることになる。

同氏は「トラックを作る労働者もバスを作る労働者も、同一労働には同一賃金を得るだろう」と語った。 ファインは言った。

この協定にはノースカロライナ州の雇用保護を目的とした条項も含まれている。 同社が生産の一部をメキシコに移転した後、労働者はさらなる雇用の安定を求めた。

READ  ハッブルが巨大な嵐と火山衛星イオを捉えた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です