ハマスは人質解放の提案に「前向きに」反応

ドーハ、カタール-カタールのムハンマド・ビン・アブドゥルラフマン・アル・サーニ首相は火曜日、ガザ戦闘の永続的な停戦とイスラエルのパレスチナ捕虜解放と引き換えに人質を解放するという合意案に対してハマスが有望な反応を示したと述べた。

ムハンマド氏はアントニー・ブリンケン外相との記者会見で、「反応はまちまちだが、概ね前向きだ」と述べた。 ハマスの返答はイスラエルに送られ、ブリンケン氏は水曜日にベンヤミン・ネタニヤフ首相や他の当局者と会談する予定だ。

ブリンケン氏は対応を検討中であるとし、「明日イスラエル政府と話し合う」と述べた。 やるべきことはまだたくさんありますが、私たちは合意は可能であり、実際に必要であると信じ続けています。 同氏と他の当局者は、人質協定はパレスチナ国家を含む中東における恒久的な政治的解決という米国のより広範な目標に向けた一歩であると特徴づけた。

バイデン大統領は、ウクライナ、イスラエル、その他の危機への追加資金を求める超党派の上院法案に対するパブリックコメントを発表する直前にホワイトハウスでハマスと演説し、人質事件については短くコメントしただけだった。

バイデン氏は「何らかの動きはあり、ハマスからの反応もあるが、もう少し続くようで、それがどこにあるのかは分からない」と述べた。

この提案は、イスラエルの参加を得て米国、カタール、エジプトの間で交渉されたもので、最初の6週間の停戦とガザでハマスが拘束している民間人人質全員の解放を含む、より広範な枠組みとなっている。 その見返りとして、イスラエルは人質1人につき3人のパレスチナ捕虜を釈放することになった。

4か月前に戦争が始まって以来、最長の戦闘休止となる。 人質約100人がまだ生きているとみられ、イスラエル当局はハマスが少なくとも29人の遺体を拘束していると発表した。 イスラエル国防軍の報道官は、死者の「ほとんど」が10月7日のイスラエル南部ハマスの攻撃で死亡したと述べた。 ワシントン政府は当初の6週間の休暇が延長され、長期的な解決につながる可能性があると期待している。

デリケートな問題について匿名を条件に語った交渉関係者らによると、イスラエルは枠組みに大筋合意し、エジプトは1週間前にハマスに暫定条件を提示した。

オンラインでの短い公式声明の中で、ハマスはこの計画を前向きな精神で実施したと述べ、「包括的かつ完全な停戦を確保し、我が国国民に対する侵略を終わらせる」ためにイスラエルの「包囲」を終わらせるためにガザへの人道支援を約束した。 そして「捕虜交換の完了」。

ブリンケン、モハメド両氏は、建造物からの避難に向けてやるべき作業はまだあると主張したが、イスラエルとハマスは、パレスチナ捕虜が釈放される資格があるかどうか、停戦中にイスラエル軍が住宅地から撤退するかどうかなど、多くの詳細について強く反対した。

重要な要素は、いかなる人質取引も恒久的な停戦につながるというハマスの願望であるが、ネタニヤフ首相はその検討を断固として拒否し、代わりに「完全勝利」まで戦闘を続けると誓っている。 イスラエル首相は人質の家族から圧力を受けており、家族の中には彼らの解放がイスラエルの最優先事項であるべきだとの声も上がっている。 他の遺族らはネタニヤフ政権の極右当局者らの意見に同意しないことに同意し、ハマスが敗北し指導者が殺害されるまで戦闘を継続するよう求めている。

開戦以来5度目の中東訪問で火曜日の夕方にここに到着したブリンケン氏は、ハマスの反応の1時間前に豪華なルサイル宮殿でカタールのタミム・ビン・ハマド・アール・サーニ首長と初会談を行う予定だった。カタールが受け取りました。 二人は短い話し合いをした。

外交交渉について匿名を条件に語った米高官によると、ブリンゲン氏にはその後の首相との会談までハマス文書の全文は渡されなかったという。

米当局者らは数日間返答を待っており、記者団に対し「ボールはハマスの法廷にある」と述べ、過激派組織内に内部分裂があるか、イスラエル軍がガザのトンネル奥深くで拠点を築いているのではないかと推測している。 交渉に詳しい他の関係者らは、戦争開始以来のガザ地区の完全停電と、散発的な携帯電話や無線通信などの通信障害が主な原因だと述べた。

モハメッド氏は、コミュニケーションが「課題の一部だった」と語った。「しかし、交渉も同様だった。彼らがそのような反応を得るまでに時間がかかった。

ハマスの対応の内容は秘密に包まれていたが、米国とカタールの大使が首尾よく合意を結ぶことができるとの期待を公に高めるには十分だった。

詳細を明らかにすることは「交渉にプラスにはならない」とモハメド氏は述べ、「全体的な見通しは、少なくとも我々が得たものとしては、より有望で、より良い結果が得られる可能性が高いように思われる。我々はそれがすぐに実を結ぶことを期待している」と付け加えた。 。」

答えは得られたので、ブリンケン氏は「我々は、新たかつ拡大された人質協定とあらゆる利益を前進させることができるよう、合意を得るために全力を尽くすつもりだ」と語った。 昨年11月の最初の合意により人質105人が解放され、戦闘は1週間休止された。

イスラエルがガザ地区で攻勢を続ける中、人口の4分の3以上に当たる200万人近くが陸地を避けるため、ますます狭い土地に閉じ込められている。 イスラエル軍による攻撃と絶え間ない空爆。 ガザ保健省によると、戦争が始まって以来、2万7000人以上のガザ人が殺害された。

ムハンマド大統領はカタールの全面的な停戦の呼びかけを繰り返し、この立場は世界の大部分が支持しているが、ハマスの再結集と再建を求める呼びかけはイスラエルと米国に拒否された。 同氏はまた、ガザへの援助の大部分を調整し提供する国連機関であるUNRWAへの米国およびその他の国々による資金提供が打ち切られたことを批判した。 10月7日イスラエル攻撃。

「職員の一部に容疑があるというだけで人道団体を処罰することはできない」と同氏は述べた。

ブリンケン氏はこの地域を訪問するたびに、ガザ地区での民間人の死傷者を減らし、地域への人道支援を増やすようイスラエルに圧力をかけようとした。 国際援助コミュニティ。

記者会見で、国務長官になるには「優秀」すぎるのではないか、イスラエルをあまり強く押しつけないのではないかとの質問に対し、穏やかな口調のブリンケン氏は「私の性格については他の人に語ってもらうことにする。私が言えるのは、それが一番だということだ」と語った。今、私をとても恵まれていると思っている人たちは、いつも良い人でいればそこに到達できるわけではありません。

デヤング氏がワシントンから報告した。 ベイルートのサラ・タドゥッチ、テルアビブのシラ・ルービン、カイロのクレア・パーカーがこの報告書に貢献しました。

READ  アメリカン航空、スピリットが夏の利益予想を下方修正

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です