ハリー王子とメーガン妃、ロサンゼルスでのビヨンセのコンサートに出席

2019年、『ライオン・キング』のロンドンプレミアに出席したカップル。

サセックス公爵夫妻、ハリー王子、メーガン妃は9月1日にカリフォルニアのソフィー・スタジアムで行われた米歌手ビヨンセのリバイバル・ワールドツアーコンサートに出席しているところを目撃された。 独立した。 彼らの外観の写真は、ソーシャルメディア上でカップルのファンによって広く共有されました。

Twitterで先にXにシェアされた写真の1枚には、メーガン妃の母ドリア・ラグランドさんと親友のアビゲイル・スペンサーさんが王室夫妻とともにプライベートボックスに座っている姿が写っていた。 ビヨンセの誕生日にファンやサポーターがパフォーマンスにシルバーの服を着てほしいとの要望を受け、マークルさんとラグランドさんはともにシルバーのドレスを着た。 ハリー王子も配色に合わせてライトグレーのブレザーを着ていた。

夫婦は2019年の『ライオン・キング』のロンドンプレミアで、32回のグラミー賞受賞歌手と夫のジェイ・Zに初めて会った。 このやり取りの後、2組のカップルは親密なようでした。

昨年、Netflixのドキュメンタリーシリーズ『ハリー&メーガン』でオプラ・ウィンフリーと2021年のインタビューを行った後、ビヨンセがマークルさんに支持を示すメッセージを送っていたことが明らかになった。 シリーズ最終回で、サセックス公爵夫人はハリー王子に「ビヨンセがたった今メールを送ってきた」と話し、これに王子はコミカルに窒息した。 その後、アーティストに電話するよう求めたが、マークルさんはメッセージの一部を読むことにし、「彼女は私に安心感を与えたいと思っている。彼女は私の勇気と傷つきやすさを賞賛し、尊重しており、私が世代を打ち破るのに選ばれたと考えている」と語った。 . 呪いは治ります。」 ハリー王子は「よく言われたことだ」と答えた。

2週間前、マークルさんは42歳の誕生日を友人たちとパーティーしているところを目撃された。 しかし、友人のインスタグラムのストーリーにあるお祝いの写真がすぐにソーシャルメディア上で拡散し始め、ユーザーらは彼女の婚約指輪がないことを指摘した。 これはすぐに夫との離婚の噂を引き起こしました。

拡散された写真によると、マークルさんは友人2人と誕生日を祝ったという。 公爵夫人が友人の一人に腕を回すと、3人の少女たちは笑った。 よく見ると、ユーザーはマークルさんの指から婚約指輪がなくなっていることに気づきましたが、彼女はまだズボンを履いていました。 この写真が離婚のうわさの火に油を注いでしまい、夫婦は別れることになる。

READ  2024 年のメッカ巡礼:少なくとも 14 人の巡礼者が日焼けで死亡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です