バイデン政権、再び議会に反抗しイスラエルに軍需品を売却

ジュリア・ニッキンソン/ロイター

アンソニー・ブリンケン国務長官は2023年12月21日にワシントンで講演する。



CNN

バイデン政権 今月2回目 ハマスとの戦争のさなか、議会は議会を迂回し、イスラエルへの軍事装備品約1億5000万ドルの移転を承認した。

アンソニー・ブリンケン国務長官は議会に対し、「155mm砲弾を機能させるための信管、装薬、雷管を含む155mm付属品を直ちに交換するという緊急決定を下した」と国務省報道官が金曜日に発表した。

同報道官は「イスラエルの防衛ニーズの緊急性を考慮し、長官は移送の即時承認が必要な緊急事態を判断するために代表団の権限を行使したと議会に通知した」と述べた。

以前の売却に追加の商品が追加され、「売却総額は1億4,750万ドルに増加した」と広報担当者は述べた。

今月初め、政権は議会委員会が通常販売を審査しなければならない20日間の期限を無視して、数千の弾薬をイスラエルに売却することを急いだ。 国務省は監視委員会に対し、「さらなる情報、詳細、保証」なしに1万3000発以上の戦車爆弾がイスラエルに引き渡されるとの緊急通告を送った。

国務省報道官は当時、「我々はイスラエル政府に対して明確な態度を取り続けなければならず、イスラエル政府も従う必要がある」と述べた。 [international humanitarian law] そして公衆への危害を避けるためにあらゆる可能な措置を講じるべきである。

この1億600万ドルの取引は、合計4万5000発の戦車砲弾をイスラエルに売却するという大規模な要求の一部である。

READ  Video Boost は、Google Pixel 8 Pro の低照度ビデオ ツールです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です