バイデン氏、フロリダ州の暴風雨被害を調査、デサンティス氏とは面会しない

フロリダ州ライブオーク2日(ロイター) – ジョー・バイデン米大統領は土曜日、フロリダ州北部でハリケーン・イタリアによる被害状況を調査し、被害を受けた人々に哀悼の意を表したが、同州の共和党知事と会談する予定はなかった。ロン・デサンティス。 そして大統領候補になる可能性もある。

民主党のバイデン氏は金曜日、訪問中に知事と会談すると記者団に語ったが、その後デサンティス氏の広報担当ジェレミー・レッドファーン氏は会談の予定はなく、「そうした会談を設定するための安全保障措置は終了するだけだ」と述べた。進行中です。”

公式スケジュールによれば、デサンティスさん(44)はその日を約80キロ南で過ごし、フロリダ湾岸沿いの小さなコミュニティを訪れた。

バイデン氏は土曜日の会談で何が起こったかとの質問に対し、「分からない。彼は出席するつもりはない」と記者団に答えた。

デサンティス氏はバイデン氏をホワイトハウスから追放するため、2024年の共和党大統領候補指名を争っているが、世論調査ではドナルド・トランプ前大統領の後塵を拝している。 80歳のバイデン氏が再選を目指して出馬している。

バイデン氏とデサンティス氏は今週、フロリダ州ビッグベンド地域を時速125マイル(時速200キロ)近いカテゴリー3の風で襲った嵐について定期的に話し合っている。 大統領は水曜日、彼らの会話に政治は介入していないと述べた。 バイデン氏は「彼は私の判断と支援の意欲を信頼していると思う」と語った。

共和党の大統領予備選挙が激化する中、暴風雨被害を見逃しながらデサンティス氏がバイデン氏と写真撮影をすることは政治的に危険となる可能性がある。 デサンティス氏はトランプ氏に大きく及ばないものの、選挙戦では他の共和党候補者をリードしている。

ハリケーン・イアンの後にバイデン氏がフロリダを訪問した際、バイデン氏が地元のカップルと生き生きと会話する傍らで気まずそうに立っていたデサンティス氏の写真がネット上で拡散し、両政治家の公の場でのコミュニケーションスタイルの対照性が浮き彫りになった。

バイデン氏は土曜日、フロリダ州共和党のリック・スコット上院議員と会談し、同氏は最初に公式に災害を宣言した大​​統領を称賛した。

大統領は、明らかに憤慨しているにもかかわらず、デサンティス氏を補完した。

「知事はそれを上回っていた」と大統領は語った。

ホワイトハウスによると、ジル夫人と旅行中のバイデン氏は木曜日の会話でデサンティス氏との訪問について話しており、知事は懸念していないと述べた。

ホワイトハウス報道官のエミリー・シモンズ氏は連邦緊急事態管理庁について「彼らのフロリダ訪問はFEMAや州・地方指導者らと緊密に連携して計画された」と述べた。

FEMAのクリスウェル長官は土曜日、会合が開かれなかったことは復興努力に影響を与えることはないと述べた。

同氏は記者団に対し、捜索救助活動は終了し、当局は被災地域の電力復旧に注力していると述べた。 同氏によると、土曜日の時点で停電しているフロリダ州民は1%未満だが、ハリケーンの直接被害を受けた一部の地域ではその数が大幅に高くなっているという。

デサンティス氏はバイデン氏を声高に批判しており、両氏は新型コロナワクチンや中絶、LGBTの権利を巡って対立してきた。 しかし両氏は昨年、バイデン氏がハリケーン・イアンの被害状況を調査するためにフロリダを訪れた際に会い、その時バイデン氏は協力していたと述べた。

2024年の共和党大統領候補に立候補している元ニュージャージー州知事クリス・クリスティ氏は、2012年のスーパーストーム・サンディの後に民主党議員が同州を訪れた際、バラク・オバマ大統領を称賛したことで批判を招いた。

バイデン氏はフロリダ州北部のライブオークを訪れ、上空から被害状況を視察し、復旧活動について説明を受けた。 彼と大統領夫人は嵐の被害を受けた地域を訪れ、そこで破壊された家々を目撃し、初期対応者たちと話をした。

バイデン氏は先週、壊滅的な山火事発生後のハワイを訪問し、水曜日、異常気象を踏まえると誰も気候危機を否定できないと述べた。

彼は今週後半に故郷のデラウェア州に戻り、フロリダへの旅行を終える予定だ。

ワシントンの Jeff Mason によるレポート ワシントンの Andrea Shall による追加レポート William Mallard、Jonathan Otis、Matthew Lewis による編集

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

ライセンス権を取得する新しいタブを開きます

ジェフ・メイソンはロイター通信のホワイトハウス特派員。 彼は、バラク・オバマ、ドナルド・トランプ、ジョー・バイデンの大統領時代と、バイデン、トランプ、オバマ、ヒラリー・クリントン、ジョン・マケインの大統領選挙活動を取材してきました。 同氏は2016年から2017年にかけてホワイトハウス特派員協会の会長を務め、トランプ政権初期には報道の自由を主張する記者団を率いた。 彼とWHCAの活動はドイチェ・ヴェレの「言論の自由賞」に認められている。 ジェフ氏はロシアのウラジーミル・プーチン大統領や北朝鮮の金正恩氏を含む国内外の指導者に鋭い質問をしてきた。 彼は、WHCA の「締め切りのプレッシャーの下での優れたニュース報道」賞の受賞者であり、ビジネス ジャーナリスト協会の「ニュース速報」賞の共同受賞者でもあります。 ジェフは、赴任前にドイツのフランクフルトでキャリアをスタートしました。 ベルギーのブリュッセルで欧州連合を取材しているジェフは、定期的にテレビやラジオに出演し、ジョージタウン大学で政治ジャーナリズムを教えています。 彼はノースウェスタン大学ジャーナリズム中学校を卒業し、元フルブライト奨学生です。

READ  11 月 1 日、2 人の NASA 宇宙飛行士が全員女性だけで行う 4 回目の船外活動をご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です