バイデン氏とマッカーシー氏は米国債務上限について10日間協議する

[ワシントン 5月22日 ロイター] – 米国が前例のない債務不履行に直面する10日前に、ジョー・バイデン大統領と共和党トップのケビン・マッカーシー下院議員は月曜日に会談し、連邦債務上限の引き上げについて協議する予定だ。

ホワイトハウスは、民主党指導者と共和党が多数を占める下院議長が東部夏時間午後5時30分(日本時間21時30分)に会談すると発表した。

31兆4000億ドルの債務上限を引き上げる協定は、バイデン氏が署名して成立させる前に上下両院を通過する必要がある。 米財務省は、6月1日までにすべての請求書を支払うことはできないと警告した。

当局者らによると、月曜日には双方の当局者が2時間以上会談した。

債務上限の引き上げに失敗すれば、金融市場が動揺し、自動車の支払いからクレジットカードに至るまであらゆる金利が上昇するデフォルト(債務不履行)を引き起こす可能性がある。 現在の不確実性はすでに投資家と株式に重しとなっている。

投資家が協議に関する最新情報を待つ中、月曜日の米国市場は上昇した。

マッカーシー氏の共和党が下院を222対213で制する一方、バイデン氏の民主党が上院を51対49で制しており、超党派の合意形成は困難となっている。

共和党は、議員らによるこれまでに承認された歳出や減税のコストを相殺する政府の自主債務上限の引き上げを支持する代わりに、裁量的な歳出削減や国防費の増額を求めている。

マッカーシー氏は月曜日、記者団に対し、「ここでの基本的な問題は、民主党が過半数を獲得して以来、支出に依存しているということであり、それを止めなければならない」と述べた。 「昨年より支出を減らすつもりです。」

民主党は支出を今年の水準で安定的に維持したいと考えているのに対し、共和党は2022年の水準に戻すことを望んでいる。 先月下院で可決された計画では、来年の政府支出を8%削減することになる。

ホワイトハウス当局者は月曜、共和党の交渉担当者が低所得の米国人への食料支援プログラムの追加削減を提案していると述べ、超党派の支持がなければどんな協定も議会を通過させることはできないと述べた。

民主党のバイデン大統領が提案した2024年予算案と共和党の「キャップ・セーブ・グロー」法案はどちらも10年間で予算削減を生み出すことになるが、その方法は全く異なる。

経済を国内政策の中心に据え、再選を目指しているバイデン氏は、税制変更とともに歳出削減も検討すると述べたが、共和党の最新の提案は「受け入れられない」と述べた。

大統領は、何百万人ものアメリカ人の健康と食糧支援を危険にさらす一方で、「大手石油」の補助金や「巨額の税金不正行為」を支持しないとツイートした。

双方とも、いかなる譲歩も、党内の強硬派からの圧力と比較検討する必要がある。

極右下院自由議員団の一部議員は協議の中止を主張し、下院で可決された法案を上院が取り上げるよう要求したが、民主党は法案を否決した。 2020年の大統領選でバイデン氏に敗れた後、共和党のドナルド・トランプ前大統領は党員に対し、経済的影響を最小限に抑え、目標がすべて達成されない場合はデフォルトに追い込むよう呼び掛けた。

自由民主党は、家族や低所得の米国人に損害を与えるいかなる削減にも反対しており、バイデン氏に憲法修正第14条を発動して独自に行動するよう促す者もいるが、大統領は日曜日に制裁に直面すると述べた。

修正案には「米国の公的債務の正当性は問われない」と規定されているが、この条項は裁判所によってしばしば見落とされてきた。

バイデン氏は数カ月にわたって債務上限に関する交渉を拒否し続けてきたが、解決策を模索しており、共和党は歳出協議に合意する前に「きれいな」無条件増額案を可決する必要があると主張している。

同氏は日曜日に日本で、一部の極右下院共和党議員は「経済に与えるダメージを承知している」と述べ、政治的影響を認めた。

デビッド・モーガン、リチャード・コーワン、アンドレア・シャラルによるレポート。 スーザン・ヘヴィー著。 編集:リサ・シューメーカーとスティーブン・コーツ

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  オーストラリア首相、ワインと風力発電塔の論争進展の中中国訪問

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です