バイデン氏は債務上限について引き続き楽観的、財務省は6月5日の債務不履行を警告

[ワシントン 26日 ロイター] – 民主党のジョー・バイデン大統領と共和党の交渉担当者は金曜日、米政府の31兆4000億ドルの債務上限引き上げに向けた合意に取り組んでいることを明らかにした。

両国は連邦政府が自主的に課している債務上限引き上げに向けた協定をめぐって数週間にわたり交渉を続けており、共和党も大幅な歳出削減を求めている。 合意がなければ、米国は壊滅的なデフォルトに直面することになる。

バイデン氏は記者団に対し、「状況は良いようだ」と語った。 「期待しています。」

共和党のパトリック・マクヘンリー下院​​議員は、バイデン氏のコメントに同意するとしながらも、交渉はまだ終わっていない、と警告した。

ケビン・マッカーシー下院議長のホワイトハウス交渉担当者の一人、マクヘンリー氏は「私は楽観的だ」と語った。 「しかし、我々は一線を越えて合意に達していることを確認しなければならない。この先には重大な課題が待っている。」

ジャネット・イエレン米財務長官が6月5日に政府が請求書を支払う資金が不足すると発言した直後、両者は別々に会談した。 イエレン議長は以前、新たな予測が可能になる6月1日ができるだけ早く来る可能性があると述べていた。 時間は増えますが、締め切りは厳しくなります。

交渉担当者らは上限を2年間引き上げる協定について議論しているが、一部の貧困対策プログラムの労働要件の厳格化をめぐって対立している。

CNNの報道によると、マッカーシー氏は金曜、幹部副官の1人が同僚の共和党員らに合意に達していないと電話会議を行った後、議事堂を去った。

いかなる協定も、バイデン氏が署名して成立させるには、共和党が多数を占める下院と民主党が主導する上院の承認が必要だが、それには1週間以上かかる可能性がある。

米当局者によると、交渉担当者は暫定的に合意に達したという。

職務要件が係争中である

セーフティネット計画がネックとなった。 共和党の有力交渉官ギャレット・グレイブス氏は、共和党はより多くの参加者に職を保持してもらうという要求を諦めることはないと語った。

「とんでもない。チャンスはない」とグレイブス氏は記者団に語った。

バイデン氏と民主党議員らは、共和党がメディケイドやSNAP食料支援プログラムの資格を得るため、子供のいない成人(56歳以下)に対し、働いているか仕事を探していることを証明するよう求めることに反対した。

共和党の提案では、これらのプログラムへのより多くの参加者に、働いているか、仕事を探していることを示すことが求められる。 超党派の議会予算局によると、これにより10年間で1200億ドルが節約されるが、100万人以上のアメリカ人がその計画から除外されることになる。

民主党は、この提案は資格があるはずの人々を締め出すお役所仕事を増やすだけだと主張している。

メディケイドとSNAPは、新型コロナウイルス感染症のパンデミック中に劇的に拡大した後、ここ数カ月で削減された。 特にバイデン氏は、1月時点で8500万人の米国人を対象とするメディケイドの労働要件に反対している。

同高官が匿名を条件に語ったところによると、検討中の協定では、国防以外の裁量支出を現在の年間水準に維持しながら、軍人や退役軍人のケアのための資金を増やす内容となっている。

この合意により、昨年追加で800億ドルを受け取った内国歳入庁への資金が回復される可能性がある。 共和党はその資金を削減しようとした。

同当局者は、ホワイトハウスは富裕層納税者をターゲットにした取り組みを擁護するために行動していると述べた。

財務省は、6月1日までにすべての義務を果たすことはできないと警告していた。

複数の信用格付け会社は、米国が格下げされる可能性について検討中であると述べており、そうなれば借り入れコストが上昇し、世界金融システムの根幹としての地位が損なわれる可能性がある。

2011年にも同様の姿勢により、スタンダード・アンド・プアーズは米国債の格付けを引き下げた。

たとえ合意に達したとしても、両党の指導者は議会で批准に向けて十分な票を集めるために懸命に努力する必要がある。 右派共和党はいかなる合意にも大幅な歳出削減が含まれると主張する一方、民主党は福利厚生制度に新たな労働要件を設けることに反対している。

大半の議員は戦没将兵追悼記念日の休暇のためワシントンを離れたが、議会指導者らは合意が得られれば投票する用意をするよう伝えている。

下院指導部らは、議員らは投票前に協定案について3日間考える時間が与えられると述べた。 上院の議員はいずれも数日間にわたって行動を起こす権限を持っている。 少なくとも一人、共和党のマイク・リー氏はそうする恐れがあると脅した。

ジャレット・レンショー、リチャード・コーワン、トレバー・ハニカット、アンディ・サリバン、グラム・スラッテリー、デビッド・ロウダー、ナンディタ・ボーズによるレポート。 アンディ・サリバン著。 編集:スコット・マローン、ウィル・ダナム、アリスター・ベル、ロサルバ・オブライエン、デヴィッド・グレゴリオ、キム・コグヒル

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  竜巻がアーカンソー州リトルロックを襲う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です