パウエルFRB議長は依然として年内利下げを期待しているが、まだ利下げはしていない

FRB議長ジェローム・H. パウエル議長は水曜日、FRBは2024年に借入コストの削減を開始すると考えているが、インフレが動く前に政策当局者は「大きな信頼」を得る必要があると述べた。

下院金融委員会での証言で同氏はこう語った。 「経済が予想通り幅広く成長を続ければ、今年のある時点で政策抑制の緩和を開始するのが適切だろう。」

経済政策についての氏。 パウエル議長のコメントは市場の予想と一致した。 政策当局者らは成長を鈍化させインフレを抑制するため、2022年と2023年に利上げを実施しており、物価が回復すればすぐに利下げを開始する可能性があることを数カ月間示唆してきた。 FRB当局者らは、早期に借入コストを削減するつもりはなく、長期的には選択肢を残しておくつもりであることを明らかにしている。

しかし、Mr. パウエル議長は金利見通しについて新たな発言はしなかったが、銀行規制という別のテーマに関して重要なニュースを発表した。

中央銀行は金利政策で経済を誘導することに加え、金融の安定維持を目指して国内最大手の銀行を監督している。 水曜日の証言で、同氏はこう語った。 パウエル議長は、FRBやその他の規制当局が昨年提案した「バーゼルIII終盤」と呼ばれる主要な銀行規制について、いくつかの疑問に直面してきた。

米国最大手の銀行を代表するロビイストらは、提案されている規則に大きな変更が加えられる予定であり、規制当局が規則を全面的に再発行することが「最も妥当な選択肢」であると声高に主張している。

銀行規制に関する調査中の大きなニュースが増える一方、投資家は同氏のことを次のように見ている。 パウエル氏の証言は注目された。 彼らが得たのは、利下げが近づいているが、中央銀行は利下げには慎重になりたいという、何ヶ月にもわたる中央銀行のメッセージの継続だった。

同氏は「これまでわれわれが見てきたのは、経済が堅実なペースで成長しているということだ」と述べた。 インフレが急激に緩和したにもかかわらず、パウエル議長はこう語った。 「これらは我々が見ている状況であり、非常に魅力的な条件であり、我々は政策を活用して成長を継続し、労働市場を堅調に保ちながら、インフレをさらに前進させようとしている。」

中央銀行の政策当局者は2022年3月から2023年7月まで金利を迅速に引き上げ、現在は5.25%から5.5%の間で推移している。 これにより、住宅ローン、ビジネスローン、その他の形態の信用がより高価になり、それがなければかなりの勢いを維持する経済にブレーキをかけるのに役立っています。

当局者らは今年数回利下げの可能性を示唆しており、ウォール街はそうした動きがいつ始まるかを見極めようとしている。

中銀は次回3月19─20日に会合を開くが、一部の投資家は当局者がその会合で利下げすると予想している。 市場はFRBの6月会合を次のように見ている。 最有力候補 初の利下げでは、中銀関係者らは借り入れコストが年末までに3倍か4倍になる可能性があると見込んでいる。

同連銀総裁は、「政策縮小が早すぎたり多すぎたりすると、これまでに見られたインフレの改善が逆転し、最終的にはさらなる政策引き締めが必要になる可能性がある」と述べ、利下げに警鐘を鳴らした。

インフレは鈍化しているものの、中銀の目標である2%を大きく上回っている。

中銀が推奨するインフレ率は1月に年率2.4%に上昇し、ピークの7%近くを大幅に下回った。 サイズが高い 2.8パーセント インフレ傾向を明確に読み取るために、変動の激しい食品と燃料の価格を取り除いた後。 (別個だが関連するインフレ指標である消費者物価指数は、2022 年にピークに達し、 少しだけ そしてそれ以上。)

しかし、Mr. パウエル議長は、「政策抑制の縮小が遅すぎたり少なすぎたりすると、経済活動と雇用を不当に弱める可能性がある」として、利下げを長く待ちすぎることにはリスクがある可能性があることを認めた。

これまでのところ、雇用市場は依然として堅調であるにもかかわらず、企業の雇用と冷却は進展している 失業が蔓延している 3.7%、歴史的な基準からすると低い。

中銀当局者らは、自らの政策が経済の均衡を取り戻し、インフレが正常に戻ることを期待している。 例えば、過去1年間で求人数は減少しており、企業が従業員獲得競争を積極的に行っていないため、賃金の伸びは鈍化している。 このため、企業はコスト上昇をカバーするために価格を引き上げるインセンティブが低下する可能性がある。

同氏は、労働市場では「需要と供給のバランスが引き続き改善されている」と述べた。 パウエル氏は指摘した。

一部の議員は労働市場とインフレについて質問したが、中銀総裁は銀行規制強化という中銀の目玉計画である中銀の「バーゼルIII最終目標」についていくつかの質問を行った。

この提案は国際基準の米国版であり、銀行監督にいくつかの変更を加えるもので、最終的には大手銀行が維持しなければならない資本、つまり財務バッファーの量を増やすことになる。

規制は一般に謎に満ちており、特に劇的な問題ではないが、銀行とそのロビイストはこの計画に反対する激しい運動を展開している。 この取り組みには、不気味なピアノ音楽を背景に設定されたテレビコマーシャルの警告も含まれています。 提案 家族、農家、高齢者に負担がかかります。

ワシントンに本拠を置くFRB理事会内でさえ、この提案に投票しなければならない総裁らは疑問を呈したり、 彼はそれに完全に反対した FRB監督担当副議長のマイケル・バー氏とその同僚の銀行規制当局者が支持した行動に対して。

氏パウエル氏は計画変更が近いことを繰り返し示唆してきた。

同氏は「われわれは懸念の声に耳を傾けており、計画に広範かつ重大な変更が加えられることを期待している」と述べた。 パウエル氏は、最終製品はFRBおよびより広い世界で「幅広い支持」を受けるだろうと述べた。

同氏は、中銀が銀行改革を再提案するという「決定は下していない」としながらも、それは「非常に妥当な選択肢」であると述べた。

これは大きなニュースだ。銀行は中央銀行に対し、提案を撤回して新しいバージョンを発行するよう圧力をかけている。 再提案は業界にとっては勝利となるが、政治的な問題を伴う規則最終決定の期限は2024年の選挙シーズンに延期されることになる。

READ  有罪判決を受けた海兵隊員7人が外交的大勝利でカタールからインドに帰国

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です