パレスチナ人の死者数が増加する中、イスラエルは攻撃によりハマスが機能不全に陥ると主張

  • 最近の開発:
  • カタール:イスラエルは殺人罪で白紙判決を受けるべきではない
  • カタール:紛争が世界の安全保障を脅かす
  • フランスのマクロン大統領がテルアビブに到着
  • マクロン大統領、フランス人30人が死亡、9人が行方不明と発表

ガザ/エルサレム10月24日(ロイター) – イスラエルは火曜日、ガザへの攻撃で一夜にして数十人のハマス過激派を殺害し、包囲されたパレスチナ領土への砲撃を緩和するつもりはないと述べた。

米国はイスラエルに、2週間にわたる激しいイスラエル攻撃を受けて人道危機に陥っているガザ地区へのさらなる援助を許可するようイスラエルに求めた。

しかし、数十年にわたるイスラエル・パレスチナ紛争の中で最も血なまぐさい章において、すぐに停戦が成立する可能性は低いように思われる。

パレスチナ保健省によると、ハマスの攻撃に対する報復としてのイスラエルによる2週間の空爆で、ガザ地区では5000人以上が死亡した。 イスラム武装勢力は1日で1,400人以上(ほとんどが民間人)を殺害した。

ハマスは月曜日、10月7日にイスラエル南部を攻撃した際に捕らえられた200人以上の人質のうち、イスラエル人女性2人を解放した。 彼らは解放された3人目と4人目の人質だった。

イスラエルの戦車と軍隊は、イスラエルとハマスが支配する国境との間の国境に沿って集結し、予想される地上侵攻の命令を待っているが、人質への懸念により動きは複雑になる可能性がある。

イスラエル軍は一晩でガザ地区の400以上の武装目標を攻撃し、3人の副大隊司令官を含む数十人のハマスの戦闘員を殺害した。

攻撃された標的には、ハマスが海からイスラエルに侵入できるようにするトンネルや、モスクにあるハマスの司令センターなどが含まれていたと発表した。 ロイターはこの報道をすぐには確認できなかった。

ガザの広大な地域はイスラエルの爆弾によって破壊され、100万人以上の住民がガザ地区内の他の場所に避難することを余儀なくされている。

食糧、きれいな水、医薬品、燃料が急速に枯渇する中、国連と援助機関は人道的災害を警告し、物資の供給を呼びかけている。

これに先立ち、イスラエルのヘルジ・ハレヴィ参謀長は、イスラエルには攻撃を制限するつもりはないと示唆した。

ハレビ氏は声明で「われわれはハマスを完全に撲滅するところまで持ち込みたい」と述べた。

「我々は南部での地上作戦に向けて十分な準備を整えている」と付け加えた。 「時間に余裕のある部隊はよりよく準備ができており、それが私たちが現在行っていることです。」

ガザの医療関係者らは、イスラエル軍の砲撃により、主にガザ南部の飛び地全域で一夜にして数十人のパレスチナ人が死傷したと発表した。 当局者らによると、少なくとも15戸の家が倒壊した。

住民らによると、イスラエルのミサイルは市東部から避難してきた労働者や家族などが集まっていたハーンユニスのガソリンスタンドを直撃した。 多くの人が死傷したという。

ガソリンスタンドの近くに住むアブドラ・アブ・アルアッタさんは、「ここはガソリンスタンドで、太陽光パネルの電気が通っているので、人々は自分の機器を充電したり、水を補給したりするためにやってくる。彼らは睡眠中に爆撃した」と語った。

ガザ保健省のアシュラフ・アルキトラ報道官は、40以上の医療センターが燃料切れで運営を停止しており、その一部はイスラエル軍の砲撃で被害を受けたと述べた。

青信号なし

外国政府は、この紛争が中東全体に火をつける可能性があると懸念を表明している。 衝突はすでにヨルダン川西岸やレバノン・イスラエル国境沿いで起きている。

イスラエルとハマスの仲介を試みたカタールの支配首長は、ハマスとの戦いでイスラエルを抑制するよう国際社会に要請した。

タミム・ビン・ハマド・アル=サーニ首長は湾岸諸国のシュラ評議会での演説で、「我々はもう十分だ。イスラエルに無条件の青信号や無制限の殺害許可を与えてはならない」と述べた。

イスラエルへの支援はフランスのエマニュエル・マクロン大統領からもたらされたもので、火曜日にテルアビブに到着し、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相や他のイスラエル戦時閣僚と会談した。

マクロン大統領はソーシャルメディアで「私たちは悲しみを通じてイスラエルとつながっている」と述べ、10月7日の攻撃でフランス人30人が死亡し、9人が今も行方不明か人質になっていると付け加えた。

ホワイトハウスによると、ジョー・バイデン米大統領はネタニヤフ首相との電話会談で、人質2人の解放を歓迎し、ガザへの人道支援の「継続的な流れ」を維持する必要性を強調した。

米国は公の場で、イスラエルには自国を守る権利があると主張しているが、ホワイトハウス、国防総省、国務省はイスラエル人との会話において個人的に警戒を呼び掛ける声を強めている、と2人の関係筋が語った。

月曜の人質解放前に語った関係筋によると、米国の優先事項は他の人質を解放するための交渉の時間を稼ぐことだという。

停戦の可能性について問われたバイデン氏は、「人質を解放してもらう必要がある。そうすれば話ができる」と述べた。

アンソニー・ブリンケン米国務長官は火曜日、中東に関する国連安全保障理事会の会合に出席する予定だが、拒否権を持つ5カ国(米国、ロシア、中国、英国、フランス)がどのような行動を取るかは不透明だ。分けられた。

ガザのニダル・アル・ムグラビ氏とエルサレムのアリ・ラビノビッチ氏の声明。 ワシントンのMatt Spetalnick、Steve Holland、Rami Ayyub、Humeyra Pamukによる追加レポート。 エルサレムのドン・ウィリアムズとエミリー・ローズ。 カイロのモアズ・アブド・アラズィズ。 マイケル・ペリーとアンガス・マクスワンが執筆。 編集:ミラル・ファーミとトビー・チョープラ

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

ライセンス権を取得する新しいタブを開きます

パレスチナとイスラエルの紛争を取材してきた25年近くの経験を持つベテラン記者で、いくつかの戦争や両国間の初の歴史的な和平協定の署名も含まれる。

READ  ウクライナ戦争:リヴィウへのロシアロケット弾攻撃で4人死亡、市長発表

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です