フォード、第1四半期利益予想を上回り、通期利益はガイダンスの「最高水準」に達すると予想

フォード ( F ) は水曜日、予想を上回る第 1 四半期決算を発表し、製品戦略を前面に押し出し、ガソリンとハイブリッドの製品に焦点を当てました。 フォードはいくつかのガイダンス指標を引き上げたが、通年の利益見通しは引き上げなかった。

同四半期、フォードは売上高428億ドルを報告し、予想の400億4000万ドルを上回り、前年同期比3%増となった。 フォードの調整後1株利益は25億4000万ドルに対し0.49ドルとなり、予想の0.42ドルを上回った。 全米自動車労働組合(UAW)のストライキの影響が長引く中、フォードの業績は第4四半期よりも改善した。

フォードは、調整後のフリーキャッシュフロー目標を65億ドルから75億ドルに引き上げた一方、設備投資のガイダンスは80億ドルから90億ドルに厳格化されたものの、通期の調整後EBITは100億ドルから120億ドルの高水準で推移すると述べた。 フォードはこれまで、調整後EBITを100億~120億ドルの範囲、調整後のフリーキャッシュフローを60億~70億ドルの範囲、調整後の資本支出を80億~95億ドルの範囲と予想していた。

決算発表後、フォード株は時間外取引で3%上昇した。 この結果は、GMが好調な第1四半期決算を報告し、年間利益見通しを引き上げたことを受けて発表された。

フォードのジム・ファーリー最高経営責任者(CEO)は決算会見で、新型フォードF-150のカーブが緩やかであることがガイダンスの更新に織り込まれていると述べた。 フォードは同四半期の配当を0.15ドルと発表した。

昨年、フォードはフォード+構想の一環として事業を3つの部門に分割した。フォード・ブルーは従来のガソリン自動車用。 Ford Model e、EVセグメント用。 商用およびスーパートラック事業のフォード・プロ。 第 1 四半期の内訳は次のとおりです。

  • フォード・ブルー:収益218億ドル、EBIT9億500万ドル

  • モデル e: 収益 1 億ドル、EBIT 損失 13 億 2,000 万ドル

  • Ford Pro: 売上高 180 億ドル、EBIT 30 億 1000 万ドル

「モデルを大幅に改善する必要があり、それが大きな障害となっています」 [on profits]「バーリー氏は決算会見でこう語った。」[The EV business] それが会社と業界の主な要因です。」

第1四半期、フォードはEVのコストと生産を後回しにして、ガソリン車とハイブリッド車の開発をさらに推し進めた。 今月初め、フォードはテネシー州にある大規模なEV複合施設「ブルーオーバル・シティ」でのEV生産を当初の2025年の開始時期から2026年に延期すると発表した。 フォードはまた、オンタリオ州オークビルの工場で今後のEV導入の「時期を再調整」していることも明らかにしており、そこでは次世代の3列EV、そしておそらくはフルサイズSUVを生産する計画だという。 同社はこれらの車両を2027年に導入することを目指しており、当初の2025年のスケジュールを遅らせている。

フォードも今四半期初めにこう述べた 3 番目の変更を追加する 顧客の需要に応えるため、SUV「ブロンコ」と中型ピックアップ「レンジャー」の生産を増やす。 一方、フォードはマーベリックピックアップやハイブリッドパワートレインを搭載した新型F-150などのハイブリッド製品に注力している。

ミシガン州ディアボーン - 4月11日: 新型フォードF-150トラックが、2024年4月11日にミシガン州ディアボーンのフォード・ディアボーン工場で開催される祝賀イベントで披露される。  F-150 とまったく新しいフォード レンジャー トラックは現在、北米全土の顧客に出荷されています。  (写真提供:ビル・プリアーノ/ゲッティイメージズ)

新しいフォード F-150 トラックは、2024 年 4 月 11 日にミシガン州ディアボーンにあるフォード ディアボーン工場で開催された祝賀イベントで発表されました。 (写真提供:ビル・プリアーノ/ゲッティイメージズ) (ビル・プリアーノ、ゲッティイメージズ経由)

これはフォードにも反映されました 米国第 1 四半期の納品 ハイブリッドなど電動化製品の販売が好調で、6.8%増の50万8083台となった。 フォードのハイブリッドピックアップトラック「マーベリック」は、第1四半期の売上が77%増加し、過去最高の四半期となった。 マーベリックはハイブリッド全体の販売台数が42%増の3万8,421台となり、フォードはハイブリッドにとって最高の四半期であり、その勢いは今後も続くだろうと述べている。

ファーリー氏は電話会議で、「当社のハイブリッド生産能力はトラックにあり、その事業での競争は見られない」と語った。 ファーリー氏は、トヨタとホンダが米国でハイブリッド車の販売トップである一方で、彼らの製品にはトラック以外の製品も含まれていると指摘した。

フォードのEV製品(マスタング・マッハE、フォード・ライトニングEV、商用バン「E-Transit」)でさえ、最近の需要軟化傾向に逆らった。 フォードのEVポートフォリオ全体では、第1四半期に82%増の2万223台のEVが販売され、マスタング・マッハEは77.3%増の9,589台、ライトニング・ピックアップは80.4%増の7,743台となった。 ここでの販売数は好調だが、フォードは大幅な値引き、安い融資金利、リース契約に頼って在庫を動かし続けている。

「私たちは見ました [EV] フォードのジョン・ローラー最高財務責任者(CFO)は、フォードがモデルe部門の損失を補うのに苦労したため、第1・四半期にフォードのEV価格が17%下落したと述べた。

しかし、フォードの注目すべき点はF-150の販売だ。 F シリーズ (F-150、大型 F-250 および F-350 製品を含む) はアメリカで最も売れているトラックの座を維持しましたが、同四半期の販売台数は 10.2% 減の 152,943 台でした。 フォードの経験者 ゆっくりとしたペース 新型F-150は3月に発売された。

訂正: この記事の以前のバージョンでは、フォードの調整後一株当たり利益の数値に誤りがありました。 間違えてごめんなさい。

Press Subramanian は Yahoo Finance の記者です。 あなたは彼をフォローできます ツイッター そして、 インスタグラム

最新の収益レポートと分析、収益のゴシップと期待、企業収益ニュースについては、ここをクリックしてください。

Yahoo Finance から最新の金融およびビジネス ニュースを読む

READ  ドナルド・トランプ判事、ジョージア州選挙不正事件を連邦裁判所に移送するつもりはないと語る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です