フランスは学校での刺傷事件やモスクでのナイフによる逮捕事件を受けて7000人の軍隊を動員し、厳戒態勢を敷いている。

土曜日の動員発表は、マクロン大統領が金曜日の夜に緊急安全保障閣僚会議を開催した後に発表された。

広告

フランスは7000人の軍隊を動員し、警戒レベルを「緊急攻撃」レベルに引き上げている。 北東部の都市アラスでは金曜日、イスラム過激化を記録した元生徒に教師が刺殺され死亡した。

エマニュエル・マクロン大統領は金曜夜に国防閣僚会議の緊急会議を招集した後、この決定を下した。

マクロン大統領は、同校の他の教職員2人に重傷を負わせた刺殺事件を「イスラムテロ」と表現した。

エリゼ宮は土曜朝、「センチネル軍団の最大7,000人の兵士が、今から月曜日の夕方まで、そして追って通知があるまで駐留する」と発表した。

アラスで何が起こったのか?

アラス事件以降、フランス当局はテロ対策捜査を開始した。

地元警察によると、金曜朝、人口4万1000人の高校でナイフを持った男が教師を殺害、2人を負傷させた。 襲撃者はその場で逮捕された。

事件は市の中心部にあるガンベッタ高校で起き、警察によると、犯人はアラビア語で「アッラー・アクバル」(神は偉大なり)と叫んだという。

同容疑者はチェチェン系学校の元生徒で、フランス国内安全保障総局DGSIによる「積極的監視」の対象となった18歳のムハメド・モコチコフ容疑者と名指しされている。

モゴウチコフ氏は先週呼び止められ捜索を受けたが、逮捕する理由がなかったため釈放されたと当局者は述べた。

この襲撃で高校生に怪我はなかったが、警備員と教師が複数の刺し傷を負って重傷を負った。

マクロン大統領が現場訪問後、安全保障閣僚会議を開催

フランスのエマニュエル・マクロン大統領は金曜午後に同校を訪れ、「イスラムテロの野蛮さ」に直面して「団結」し「団結」するよう呼び掛けた。

マクロン大統領は金曜朝、致命的な襲撃が起きた学校近くの建物の中庭で演説し、「テロに屈してはならないし、何事にも私たちを分断させてはならない」と語った。

金曜日の夜遅く、マクロン大統領はパリで国防閣僚の緊急会議を開催した。

2件目の治安事件の確認を受け、この会合には政府高官、警察、軍、情報当局者らが出席した。

「過激派」として知られる24歳の男が、ナイフを所持したままパリ郊外リメイのモスクから立ち去ったとして逮捕され、警察に拘留された。

ベルサイユ検察庁は男の逮捕を認めた。

READ  広範な反対にもかかわらず、Reddit CEOはサードパーティアプリの料金について「交渉はしない」と語る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です