フロリダの十代の少女殺害に関連したボートが発見:当局

FWCによると、エラ・アドラーさん(15歳)はマイアミ地域でウェイクボード中に死亡した。

フロリダ州当局は、週末にマイアミ地域でウェイクボードに参加していた若者の死亡事故に関連すると思われるボートを発見したと発表した。

フロリダ州魚類野生生物保護委員会のスポークスマン、ジョージ・レイノーがABCニュースに語ったところによると、オール・アドラーさん(15歳)は土曜午後、キービスケーンのニクソンビーチ近くでウェイクボード中にボートにはねられたという。

レイノーさんによると、この少年は岸から約1マイル離れたところで曳航中に海に転落し、ボートによる救助を待っている間に別の船に衝突されたという。 FWCによると、少年を襲ったボートは止まらなかった。

FWCは火曜日、一日がかりの捜索の結果、攻撃船の目撃者らが拘留中に説明と一致するボートを発見したと発表した。 FWCによると、ボートの所有者は捜査に協力しているという。

FWCのロドニー・バレット会長は火曜日、FWCは追加のリソースを要請し、船の発見に「24時間体制で取り組んだ」と述べた。

バレットさんは「父として、祖父として、アドラー家を思うと心が張り裂けそうだ」と声明で述べた。 「エラさんの死は、彼女の家族、友人、そして地域社会全体に衝撃を与えています。FWCと私たちのパートナーである法執行機関は、すべての答えが得られ、事件が解決されるまで止まらないでしょう。」

調査は進行中です。 FWCは情報や映像を持っている人は連絡するよう呼び掛けた。

FWCによると、この事件に関連して捜索されている船は、水色の船体、青または濃い青の船底塗装、複数の白い船外機を備えたセンターコンソールボートであるとされている。 レイノー氏によると、体長は30~40フィートだと考えられているという。

レイノー氏によると、捜査情報提供には最大2万ドルが提供されており、FWCとマイアミデイド犯罪阻止団体はともに最大5000ドル、アドラーさんの遺族は1万ドルの報奨金を提供しているという。

「この週末、世界はスターを失いました。エラはとても美しく、とても輝いていました。彼女の15年間で、彼女は私たちが想像していた以上に光を放ちました」と両親のアマンダ・アドラーとマット・アドラーはABCニュースに宛てた声明で述べた。 「この言葉では言い表せない悲劇に対処するにあたり、彼女を私たちから奪った犯人を見つけるのに一般の人々が協力してくれることを願っています。」

エラ・アドラーは、マイアミ地域のランサム・エバーグレーズ・スクールの大学生でした。 同校は彼女を「優秀な生徒であり、素晴らしいダンサーであり、ユダヤ学生組合とスピーチ・ディベートチームの積極的なメンバー」と評した。

同校は声明で「この悲劇で私たちの心は打ちのめされ、地域社会は打ちのめされている」と述べた。 「彼は私たちのすべての教室やステージで輝いており、ランサム・エバーグレーズ・スクールの使命を体現していました。」

アドラーはマイアミ・シティ・バレエ団で100回以上の公演に出演したバレリーナで、彼女の死亡記事によれば、アドラーは彼女を「スター」であり「自然の力」と呼んでいた。

READ  イエレン氏、地政学的緊張にもかかわらず米中貿易拡大の「余地は広い」と発言

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です