ブラックロック、ビットコインETFのアプリケーションを修正、ウォール街へのアクセスが容易に

世界最大の資産運用会社であるブラックロックは、ウォール街の銀行が参加しやすいように、ビットコインのスポット型上場投資信託(ETF)の申請を更新した。

プリペイ」と呼ばれるこの新しい償還モデルにより、大手銀行の公認参加者(AP)はバランスシート上で直接ビットコインや暗号を保有することができるようになった。APは資金をビットコインに変換するブローカー・ディーラーに送金することで、ファンドに投資することができる。ブラックロックの場合、ETFのカストディ・プロバイダーはCoinbase Custodyである。

更新されたアプリケーションにより、JPモルガンやゴールドマン・サックスなどの有名銀行は、暗号通貨ではなく現金で新しいファンド株を発行できるようになった。

ブラックロックによると、この新しい修正モデルは市場操作に対する抵抗力を高めており、これが米国証券取引委員会(SEC)が以前ビットコインETFのスポット申請を却下した主な理由だという。

12月11日、ブラックロックはSECと3回目の会合を開いた。ブラックロックの最新の申請は、2024年1月15日までにSECによって決定される予定である。

現在の状況にもかかわらず、仮想通貨の組み込みはゲーム業界、特にオンラインカジノで大きな役割を果たした。オンラインテーブルゲームは、ブラックジャック、ルーレット、ポーカー、バカラ、クラップスなどのバリエーションが加わり、エキサイティングな本格的なカジノ体験ができるため、非常に人気がある。

プレイヤーは、リアルマネーの代わりに仮想通貨を使って賭け、賞金を獲得できるようになった。これにより、オンラインゲームへのアクセスが容易になり、より多くの人々がオンラインゲームに参加するようになりました。

長所と短所

仮想通貨カジノでは、リアルマネーを使わずにオンラインテーブルゲームをプレイすることができます。多くのオンラインカジノでは、人気のテーブルゲームの無料体験版を提供している。プレイヤーは、実際のお金を使わずに、これらのバージョンで練習し、ルールを学ぶことができます。

仮想通貨は、実際のお金を失うリスクを排除し、ゲームプレイの安全性を保証します。したがって、プレイヤーは金銭的な影響を受けることなくゲームを楽しむことができる。仮想通貨は、金銭的なリスクを軽減するだけでなく、インターネットカジノプレーヤーが割引などの特典やボーナスを得ることを可能にします。これにより、プレイヤーは新しいゲームに挑戦することができます。

一方、仮想通貨を使ってゲームをプレイする前に知っておくべき注意点もあります。第一に、プレイヤーは仮想通貨で獲得した賞金を実際のお金と交換することができないため、金銭的な利益を得る可能性が制限される。

第二に、暗号を使用したオンラインテーブルゲームの原理は、従来のお金を使用する場合と似ており、暗号を使用して一定額をベットします。したがって、お金を無駄にしないよう、責任を持ってギャンブルを行うことが最善です。

3つ目の考慮点は、様々な管轄区域が仮想通貨のルールを管理していることです。プレイヤーは、Sportsbet.ioのような、プレイヤーの安全を守りながらルールを遵守する信頼できるオンラインカジノを選ぶ必要があります。

オンラインカジノにおけるブロックチェーンの未来

オンラインギャンブルと最先端テクノロジーの出現により、ゲーム業界は大きな変貌を遂げました。スマートフォンやその他のデバイスの普及により、オンラインギャンブルへのアクセスが増えました。

オンラインカジノのアプリにアクセスできるようになったことで、賭け方は完全に変わりました。暗号通貨の利用以外にも、仮想現実や拡張現実の利用も発展している。

VRとARの技術は、オンラインカジノを完全に変える力を持っている。 仮想世界と対話しながらゲームをプレイできるのだ。例えば、バーチャル・ポーカー・テーブルに座ったり、3Dゲーム・アリーナを探検したりすることができる。これにより、勝利のスリルだけでなく、完全な没入感を味わうことができる。 

ライブストリーミング技術の進歩も今後期待できる。この技術により、オンライン・テーブルゲーム・プレイヤーは、自宅にいながらにして、まるで本物のテーブルに座っているかのような、クラシックなカジノゲームを細部まで体験することができる。

READ  ジム・アーセイは、アンドリュー・ラックの司令官に損害を与える警告を発します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です