ブレトン・ウッズ国連事務総長、安全保障理事会を改革する時期が来たと発言

[広島 5月21日 ロイター] – アントニオ・グテレス国連事務総長は日曜、「今日の世界の現実」に対応するため、安全保障理事会とブレトンウッズの両方を改革する時期が来たと述べた。

グテーレス氏は広島での記者会見で、同グループの7回の首脳会談では、2つの機関は1945年の力関係を反映しており、更新する必要があると述べた。

同氏は「世界的な金融の枠組みは時代遅れで機能不全に陥り、不公平だ」と述べた。 「新型コロナウイルス感染症のパンデミックとロシアの侵略による経済的ショックに直面して、

ウクライナは世界的なセーフティネットとしての重要な機能を果たせていない。」

グテーレス氏はまた、G7サミットでは時代遅れの制度の改革やグローバル・サウスの「不満の解消」が十分に行われていないとの認識が発展途上国の間で高まっていると感じていることについても語った。

国際通貨基金は今年1月の世界経済見通しの中で、インド経済は今年と来年で6%成長すると述べた。

IMF首席エコノミスト兼調査部長のピエール・オリヴィエ・グリンシャ氏は、中国とインドが2023年までに世界成長の50%に貢献すると述べた。

IMFによると、裕福なG7の経済的影響力は過去30年間で縮小し、1980年の世界GDPの50.7%から2023年には29.9%となった。

グテーレス氏は「広島での議論がどのような影響を与えるかはこれから分かる」と述べた。 「G7メンバーは世界で最も重要な新興国と議論することができた。」

G7主催国である日本は、いわゆるグローバル・サウスのメンバーを広島に招いて会談する予定であることを示した。 招待者にはインドのナレンドラ・モディ首相、ブラジルのルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルバ大統領、インドネシアのジョコ・ウィドド大統領などが含まれる。

取材:村上さくら 編集:キム・チャンロン

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  株式、データ、ニュース、収益

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です