プーチン大統領、「親愛なる友人」習近平と会談、制限のないパートナーシップを示す

[北京、10月17日 ロイター] – ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は火曜日、中国の習近平国家主席と会談するため北京に到着した。この訪問は、ウクライナ戦争にもかかわらず両国間の信頼と「無限の」パートナーシップを示すことを目的として広く注目されている。 激怒した。

ビデオ映像には、ハーグに本拠を置く国際刑事裁判所(ICC)が3月にプーチン大統領に逮捕状を発行して以来2回目の外遊となるプーチン大統領とその側近が火曜朝、北京首都国際空港に到着した様子が映されていた。

中国の王文濤商務大臣が出迎えた。

クレムリン指導者にとって、今月初めに旧ソ連共和国キルギスを訪問して以来、今年初の旧ソ連国外への公式訪問となった。

ICCはプーチン大統領がウクライナから子どもたちを不法に国外追放していると非難し、裁判所の加盟123カ国に対し、プーチン大統領が自国領土に足を踏み入れた場合は逮捕し、裁判のためにハーグに移送するよう求めている。 キルギスも中国も、戦争犯罪を捜査するために設立されたICCの加盟国ではない。

習氏が最後に「親愛なる友人」に会ったのは、令状が出されてから数日後、モスクワだった。 当時、習氏はプーチン大統領を北京で開催される第3回一帯一路フォーラム(中国指導者が支援する国際協力フォーラム)に出席するよう招待した。

ロシアメディアは、プーチン大統領が火曜日に習主席が主催するフォーラムの公式開会レセプションに出席し、ベトナム、タイ、モンゴル、ラオスの指導者らと会談すると報じた。

プーチン大統領はフォーラムの主賓として、水曜日に習主席に続いて講演する予定で、習主席はその日遅くに二国間協議のため中国国家主席と会談する予定だ。

中国政府は、ウクライナ戦争終結の兆しを示さないモスクワとの提携に対する西側の批判を拒否し、両国の関係は国際規範に違反しておらず、中国は選択したどの国とも協力する権利があると主張した。

プーチン大統領が最後に中国を訪れたのは2022年2月の北京冬季五輪で、その時はロシア大統領が数万人の軍隊をウクライナに派兵する数日前にロシアと中国が「国境のない」パートナーシップを発表した。

水曜日まで開催される一帯一路フォーラムへのプーチン大統領の訪問はこれで3回目となる。 彼は、2017 年と 2019 年の 2 つの過去のフォーラムに参加しました。

一帯一路

焦点は「一帯一路」構想にある。これは習氏が10年前に立ち上げた大規模プロジェクトで、陸路と海路を通じてアジアとアフリカ、欧州を結ぶ世界的なインフラとエネルギーネットワークを構築することを望んでいる。

プーチン大統領はこの構想を称賛し、「誰も他人に何も押し付けない」国際協力の基盤だと述べた。

ウクライナ紛争の勃発以来、ロシアは経済協力の象徴として中国とのエネルギー関係を強化してきた。

ロシアは中国に日量約200万バレルの原油を輸出しており、これは原油総輸出量の3分の1以上に相当する。 モスクワは中国への2本目の天然ガスパイプラインの建設を目指している。

ロシアの石油・ガス大手ロスネフチとガスプロムのトップもプーチン大統領の代表団に加わるが、新たなエネルギー取引は期待されていない。

クレムリンは、今回の訪問は「本格的な二国間」訪問ではなく、国際会議の一環として行われたと述べた。

Ryan Wu によるレポート。 メルボルンのリディア・ケリーによる追加レポート。 編集: クリストファー・カッシング & サイモン・キャメロン・ムーア

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

ライセンス権を取得する新しいタブを開きます
READ  モスクワ戦勝記念日: ウクライナでのプーチン戦争がますます圧力を受けているため、ロシアは毎年恒例のパレードを撤回する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です