ボブ・アイガー氏の大勝利に向けたアクティビストの出資をディズニーが阻止


ニューヨーク
CNN

ディズニーは、同社取締役会の議席を求める物言う投資家グループとの熾烈な委任状争奪戦に勝利した。 株主投票は、最高経営責任者(CEO)のボブ・アイガーにとって伝統を決定づける勝利となった。

ディズニーのチームは、年次株主総会でトライアン・ファンド・マネジメントとブラックウェルズ・キャピタルが提案した候補者に対して、同社が「大幅な差をつけて」勝利した。

得票数に詳しい関係者によると、アイガー氏はトライオンのネルソン・ペルツ氏を破っただけでなく、彼にも勝利したという。

関係者によると、ペルツ氏の取締役会への立候補の得票率は3分の1にも満たない約31%だった。 同関係者によると、ペルツ氏の入札に参加した元ディズニー財務責任者のジェイ・ラズロ氏も大差で敗れたという。

ディズニー株の約35%を所有する個人株主も、ディズニーの候補者に75%という圧倒的な票を投じた。 それでも、取締役会メンバーは通常、投票総数の4分の3よりもはるかに大きな票を獲得しており、アベレージ・ジョー氏は、ペルツ氏は株主からある程度の強い関心を受けていると語る。

同時に、ベルツ氏は戦いに資金を費やしており、取締役会の議席を獲得するのにさほど近づけなかったのは驚くべきことだ。

投票に詳しい関係者は「これは、これまでの委任状争奪戦におけるベルツ氏の最大の損失だ」と語った。

敗北後、トライアンは声明を発表し、結果には失望を表明したが、「ディズニー関係者との支援と対話」を称賛した。

「当社が価値創造と優れたガバナンスに再び焦点を当てることで与えた影響を誇りに思う」と声明で述べた。 「当社は今後も同社の業績を監視し、継続的な成功に注力していきます。」

アイガー氏は「委任状争奪戦による混乱はなくなり、当社は最も重要な優先事項、つまり株主のための成長と価値創造、そして消費者のための創造的卓越性に100%集中したいと考えている」と述べた。

水曜日に頂点に達した投資家の戦いは、CEOとして1年以上指揮を執ってきたイジェリン氏への投票であると広く見られていた。

ディズニー株は過去6カ月で50%近く上昇したが、トライアンやブラックウェルズを含む一部の投資家は、より高い利益とハウス・オブ・マウス内でのより強力な変革を期待していた。 具体的には、Tryon は主要幹部の業績に応じて給与を調整し、ディズニーの興行収入の優位性を回復し、会社の利益率を拡大したいと考えていました。

最大の難問は、トライアンが創業者で81歳の実業団ライダーのペルツ氏とディズニーの元財務責任者ラズロ氏を取締役に指名したことによるものだった。

ベルツ氏はアイガー氏との政治的相違を表明し、それが選挙運動を復活させた。 最近のインタビューで フィナンシャル・タイムズペルツ氏は、共和党がしばしば「目覚めた」議題と呼ぶ映画「マーベルズ」と「ブラックパンサー」を軽蔑した。

「なぜ私は『ウィメン』という名のマーベルを望んでいるのですか?」 私は女性に対して何の抵抗もありませんが、なぜそのようなことをするのでしょうか? なぜ両方を備えたマーベルを持っていないのですか? なぜオールブラックのキャストが必要なのでしょうか?」とペルツ氏はFTに語った。

ディズニーは依然として地球上で最も成功した巨大メディア企業のひとつだが、近年はその帝国の一部が衰退しているのも見ている。

2020年代、巨大なメディア複合企業の経営という点で、同社の問題の多くが発生する。かつては利益を上げていたリニアTVという支柱が急速に崩壊し、理論的にはそれに代わるストリーミングサービスが資金を使い果たしつつある。 高金利の影響で映画館の観客はディズニーが最近次々と発表するマーベルのスピンオフや続編に飽きてしまった。

「ある意味、課題は私が予想していたよりも大きい」とアイガー氏は昨年CNBCとのインタビューで語った。

ペルツ氏と他の関係者は、変化への支持を集めるためにこれらのハードルを乗り越えてきた。 トライアン・パートナーズは規制当局への提出書類の中で、取締役会の議席を獲得するための選挙運動に約2500万ドルを費やす予定だと述べた。

もしトライアン氏のグループが取締役会の議席を確保することに成功していたら、ハリウッドで最も恐るべき権力者の一人としてのアイガー氏の評判に地殻変動が起こっていただろう。 そして、活動家たちが企業再生に向けたイガー氏のビジョンを形作ったり、妨害したりすることを可能にしていただろう。

しかし、本質的に利益を最大化し、役員報酬を業績に結び付けるというペルツ氏の計画が、アイガー氏がすでに行っていたものと大きく異なるかどうかは明らかではない。

1年前、アイガー氏は従業員7,000人を解雇し、ディズニーの中核となるクリエイティブ部門の活性化を目的としたリストラ計画を実施すると発表した。

彼の再建計画がうまくいく初期の兆候が見られる。 ディズニーは2月、今年の1株当たり利益が20%増加すると発表し、第1四半期決算で投資家を驚かせた。

ペルツとトライオンが出場停止となったことで、少なくとも現時点では、アイガーが辞任を約束する契約満了となる2026年までは、アイガーは自身のプログラムの開発段階に集中するための滑走路を確保できるかもしれない。 しかし、ディズニーの元幹部は、この戦いはまだ終わっていないと語った。

「これほど注目を集めているという事実は、多くの不満があることを物語っている」と元幹部は匿名を条件に語った。 CNNのオリバー・ダーシーに語った。 投票の前に。

—CNNのサマンサ・デルイアとオリバー・ダーシーがこのレポートに貢献しました。

READ  サウスカロライナ州予備選:ドナルド・トランプ氏が地元州でニッキー・ヘイリー氏を軽々と破る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です