マイアミのアパートで銃撃、拘留:市長

当局者らによると、数十人が建物から救出された。

マイアミのアパートで従業員を射殺し、「意図的に」火災を起こし、すぐにアパートを全焼させた疑いのある男が拘留されていると当局が発表した。

マイアミ市長のフランシス・スアレス氏によると、火災は月曜午前8時15分ごろ、テンプル・コート・アパートで発生した。 同氏は月曜夜の記者会見で、125人以上の消防士が約8時間火災と格闘したと述べ、容疑者の懸念を明らかにした。

対応した消防士らはバルコニーから数人を含む40人以上を救出し、市長は彼らの行動を「英雄的」と呼んだ。 消防士らははしごを7回かけて救助したという。

スアレス氏によると、避難後に「爆発」が発生し、市内で警報が3回も発生した火災は25年ぶりだと述べた。

初期対応は建物内で撃たれた男性を発見した。 当局者によると、男性は体に銃創があり重体で地元の病院に搬送された。

不動産管理会社アトランティック・ハウジング財団によると、銃撃された男性が現場となった複合施設の従業員は、火災と銃撃に「ショックを受け、悲しんでいる」と述べた。 当局者らによると、銃撃は単独の事件とみられ、捜査が進行中だという。

スアレス氏は、建物の居住者全員(そのほとんどが高齢者)の行方が判明したと述べた。

当局はこの事件の容疑者に関する情報を公表していない。

マイアミ消防救助隊の広報担当者ピート・サンチェス中尉によると、消防士がアパートの3階で火災を発見した。

建物は木造で、「火災の激しさと急速な広がりを説明している」と同氏は述べた。

火災の原因はまだ調査中である。

サンチェス氏によると、消防士3名はさらなる検査のため地元の病院に搬送されたが、容体は安定しているという。 同氏は月曜日午後に2人が釈放されたと述べた。

サンチェス氏によると、住民1人が煙を吸入して病院に搬送された。

市長は、不動産管理会社が火災で避難した住民43人のために今後2週間ホテルを借りたと述べた。

アトランティック・ハウジング財団は声明で、「これらの事件の原因はまだ特定中であり、他の傷害についても調査中である」と述べた。 報告。 「警察が捜査を進めており、できる限りの協力をさせていただきます」

READ  アメリカン航空の最高商業責任者が電撃退任

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です