マウイ島の山火事から逃れるまで、友人2人が何時間もプールにいた

クリスティーナ・リー=ガリドさんは、ハワイのラハイナで周囲の建物が燃え、空気が曇って呼吸困難になるのを眺めた。

リー・ガリドさんと友人は顔に手ぬぐいをかぶせてプールに立っていました。地獄がマウイ島を襲い始め、ここ100年以上で国内最悪の山火事が発生したことが判明したとき、彼らが安全だと思っていた唯一の場所でした。

8月8日に山火事に遭ったとき、2人は島へ休暇中だった。 山火事の規模が不明だったため、2人はその夜、iPhoneのSOSを頼りにラハイナの集合住宅のプールで何時間も立っていた。 緊急サービスに接続する機能。 彼らはその夜、消防士が救助するまで水の中で待った。

「あのプールに飛び込む以外に選択肢はなかった」とリー・カリドさん(54)は語った。

海軍で看護師として勤務していたリー・ガリドさんは、1990年代以来10回以上ハワイを訪れている。 今年、彼女と幼なじみの親友、ミスティ・グアントニオは、8月8日のグアントニオの誕生日を祝うことも兼ねて、一緒に旅行することに決めた。

2人は8月6日の夜にラハイナに到着し、翌日は他の行楽客らとコンドミニアムを借りて複合施設のプールでリラックスして過ごした。 リー・コリードさんとグアントニオさんは町に向かう前に敷地内を歩き回り、裏門が施錠されていることに気づいた。

「なぜこの門に鍵をかけているのか分かりません」とグアントニオ氏は常にセキュリティ面に注目していた。 「幹線道路に行かなければならないかもしれません。」

翌朝、ハリケーン・ドーラの風がラハイナを吹き抜け、2人が住んでいた建物は電気もインターネットも使えなくなった。

午後5時頃、リー・カリドさんは昼寝から目覚めると、コンドミニアムの外で煙が上がっているのを見つけた。 窓越しに、彼女は敷地の前で燃えているカバナを見た。

彼女は警報が出ていたことを覚えておらず、単独火災だと思った。 しかしその後、濃い黒煙が部屋に充満し始めたとリー・カリド氏は語った。

「私は自分自身に思いました、『なんてことだ、私は命を救うために魔法のアラームのようなものを聞きながら眠っていたのだろうか?』 「これは最悪だ」って感じです。

リー=カリドさんとグアントニオさんは急いで財布、電子機器、タオル、濡れた手ぬぐいをつかんで口を覆い、外に出た。 煙が濃すぎてお互いの姿が見えず、声を頼りに寄り添い続けた。

リー・コリードさんは、ここが彼らが「焼き殺され」ない唯一の場所だと思った。 彼女とグアントニオは、周囲に落ちた瓦礫や溶岩を避けながら、お互いに叫びながらそこへ向かいました。

10分ほどで池に到着しました。 そこには誰もおらず、途中の敷地内にも誰もいなかった。

リー=カリドさんとグアントニオさんは水に飛び込むとすぐに、火の出所と助けを求める方法を見つけようとします。

リー・カリドとグアントニオは最初、風が弱まり煙が晴れたので大丈夫だろうと思った。 プールハウスは燃えていましたが、周囲の他の建物は燃えていませんでした。

彼らは、火災がラハイナ全土で猛威を振るっていることに気づいていませんでした。

夫婦には携帯電話サービスがなかったが、グアントニオさんは電源ボタンと音量ボタンを同時に押してiPhoneのSOS機能を起動した。 救急隊員は、火災が多発しているためプールに留まるように指示し、危険を感じたら別のメッセージを送るよう指示した。

次の 2 時間で風は再び強まり、プールの周りのすべてのレンタル ユニットが炎に包まれました。 グアントニオさんは午後7時30分ごろ、火災の規模を知らせるメッセージを救急サービスに送った。

約30分後、大きな音が聞こえました。

「あれは裏口だ」とグアントニオさんはル・コリドに語った。 消防士が解体した。

3人の消防士が友人たちをプールから救い出し、キャンパス外の幹線道路で待機していた黄色い救急車に戻った。

「彼らは天使です」とリー・コリド氏は語った。

リー・コリドさんは、トリアージエリアへ向かう途中、バックミラーを見て「すべてが燃えていた」と振り返った。

彼女とグアントニオさんはマウイ地域の避難所に数日間滞在し、ホノルルの友人らと滞在した後、土曜日に本土に戻った。

ワシントン州イサクアの自宅で、リー・ガリドさんは座ってテレビをつけ、各主要放送局でマウイ島の山火事に関するニュースを見ていた。

「その時、私は崩壊してしまいました」と彼女は語った。 「その時、何が起こったのか分かりました。」

リー=カリドさんは友人や家族にこの経験を語ってから数日が経過し、話した人たちからもほぼ同じ反応を聞いた。

READ  スタジオは作家に対して反対の提案をします。 交渉再開 - 期限

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です