マクロンを惜しみなく扱うことで、中国の習主席はフランスを扇動して米国に「反対」させた

[広州/香港 4月7日 ロイター] – 中国の習近平国家主席は7日、エマニュエル・マクロン大統領に異例の豪華な公式訪問を行った。一部のアナリストは、欧州連合(EU)内の主要な同盟国を呼び込もうとする中国政府の動きが強まっている兆候と見ている。 国連。

両首脳は金曜日に中国南部を一緒に訪問し、マクロン大統領は、広東省の経済と製造業の大国である広州にある父親の旧居で、習主席と中国茶を飲む予定だった。

習近平国家主席が訪問指導者とこのような旅行をすることはめったにありません。 外交官は、習主席が米国による「全面的な封じ込め、包囲、抑圧」と呼ぶものに反対する支援を求めているため、北京が欧州連合の主要メンバーとの関係を重要視していることを強調していると述べている.

「中国のすべての外交政策攻撃は、米中関係が背景にあります。そのため、どの国、特にフランスのような中央大国や大国と協力することは、米国に対抗しようとするものです」と Zhao Suisheng 氏は述べています。 、デンバー大学の中国研究と外交政策の教授。

ロジウム・グループのアナリスト、ノア・パーキン氏は、中国の主な目的は、欧州が米国と緊密に連携するのを防ぐことだと述べた。

「この意味で、マクロン氏はおそらくヨーロッパにおける北京の最も重要なパートナーだ」と彼は言った。 外交官は、マクロン氏を EU 内の重要な政策の主な原動力と見なすことがよくあります。

マクロン大統領は欧州委員会のウルスラ・ファン・デル・ライエン委員長と共に中国を訪問し、2 人は中国にウクライナ問題を迫った。

それでも、マクロンは完全なレッドカーペット扱いを受けました。

訪中前の批判的な演説で中国を「抑圧的」と表現したファン・デル・ライエン氏は、空港で控えめな挨拶をしたり、習氏やマクロン氏との国家行事に招待されなかったりと、北京では時々不幸に見えた.

中国国営のグローバル・タイムズ紙は木曜日の社説で、「ワシントンの戦略的奴隷であ​​ることは行き止まりであることは誰の目にも明らかだ。中国とフランスの関係を中国とヨーロッパの協力の架け橋に変えることは、双方に利益をもたらすだろう」と述べた。そして世界。」

“世辞”

何度か中国を訪れたフランスの元首相、ジャン=ピエール・ラファラン氏はロイターに対し、人民大会堂で行われた協定調印式の傍らで、習近平氏の魅力の一部が影響を与えていると語った。

「外交とは、どこかでお世辞じゃないの?」 彼は言った。 「人間関係には常に小さなものがあります。すべての側がそれで遊んでいます。」

ワシントンでは、フランスとの中国の外交的関与は、ある程度懐疑的に見られている.

中国は米国との関係を理由に、ウクライナを越えて経済的に欧州に近い再編を望んでいるが、現時点ではそのような移行はありそうにないと、米国政府の考えに詳しい複数の関係者は述べた。

匿名を条件に語った複数の関係者によると、ワシントンは、ウクライナをめぐるヨーロッパと中国の関与について、様子見のアプローチを取っている。 木曜日、マクロン大統領は中国政府に対し、ウクライナでの戦争についてロシアと話し合うよう促し、フォン・デア・ライエン氏は、習近平国家主席がウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領と話をする意思を表明したと述べた。

習氏は会談後のゼレンスキー氏のコメントに関する中国の公式声明で、ゼレンスキー氏との会話の可能性について言及していない。

アナリストのパーキン氏は、マクロン氏はこの旅行から多くのことを得ているようには見えないと述べた。

「マクロン大統領は、戦争に対する姿勢を変えるよう習主席を説得できることを望んでいる」と述べた。 「彼は一連の贈り物を習主席に与えた.離脱を罠だと非難し、大規模なビジネス代表団を連れてきて、戦略的自治への彼の支持を再確認した.見返りは何もなかった.」

台湾、ウクライナでの戦争、および米国主導の技術輸出制限をめぐる意見の相違の中で、中国は米国に束縛されないように努めているため、中国がマクロン大統領を口説くことは、今年の一連の外交的動きの一部です。

中国は今年、外交支出を 12.2% 増加させており、ここ数週間、指導者や高官がシンガポール、マレーシア、スペイン、日本を訪問しています。

中国は 3 月、サウジアラビアとイランの間で驚きの緊張緩和の仲介役を務めました。北京は、多極化した世界を形成したいという願望に後押しされて、中東の和平工作者としての地位を確立しました。

中国と EU の関与は、次期外交政策長官のジョセフ・ボレルと北京でのドイツの外務大臣とともに、今後数週間も継続されます。

北京の中国人民大学ヨーロッパ研究センター所長のワン・イーウェイ氏は、「中国とヨーロッパは依然としてパートナーになることができる」と述べた。 「正当なライバルや競争相手以上のもの」

ワシントンの Trevor Hunnicutt、北京の Yu Lun Tian による追加報告。 ジェームズ・ポンフレット脚本、ラジュ・ゴパラクリシュナン撮影

私たちの基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  アイオワ州高校銃乱射事件で少なくとも1人死亡。 現場は今や「安全保障」:当局

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です