マックス・シャーザー(肩)はレンジャーズのALDS名簿に載っていない Oさん

ボルチモア — マックス・シャーザーは、少なくともボルチモア・オリオールズとのディビジョンシリーズでは、テキサス・レンジャーズのプレーオフ名簿から外れた。

オリオールズはまた、第3戦の先発候補の可能性がある左腕ジョン・ミーンズが模擬試合で数イニングを投げた後、肘の痛みを訴えて名簿を離脱したことも発表した。

シャーザーは金曜日に自身の模擬試合で2イニングを投げ、その後、体調は良好だが、肩の問題から予想よりもずっと早く復帰しようとしているが、回復過程は簡単ではないことを認めた、と語った。 シャーザーは9月12日から離脱している。

レンジャーズのブルース・ボウチー監督は土曜日、「昨日はよく投げて投げたし、今朝は気分が良くなったと言っていたが、我々は彼を名簿に載せるには十分な情報がないと感じた」と語った。 「いずれにせよ、彼は最初の2試合を欠場するだろう。彼は成長を続けるだろうし、数日以内に彼がどのような位置にいるのかが分かるだろう。」

9月にトミー・ジョン手術から復帰して以来、4試合に先発し防御率2.66を記録するなど好投を続けていたため、ミーンズの負傷は予想外だった。 ブランドン・ハイド監督は、オリオールズが勝ち上がった場合、ミーンズにはALCSへの準備が整っていると期待していると述べた。

オリオールズはALDSに14人のポジション選手と12人の投手を起用する。 ミーンズの欠場によりジャック・フラハティのロースター枠が空き、ブルペンでは藤浪晋太郎ではなくブライアン・ベイカーをロースターに加えることを選択した。

READ  アジア太平洋の株式は、インフレ印刷の冷却後、ほとんどが高くなっています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です