マノン・フィオロットがUFCで7勝0敗、エリン・ブランチフィールドを破る

マノン・フィオロットはUFCの次期フライ級タイトル挑戦者ではないかもしれないが、彼女が出場するのは確かだ。

フィオロット(12勝1敗)は土曜日、ニュージャージー州アトランティックシティで行われたUFCファイトナイトのメインイベントでエリン・ブランチフィールドに対して圧倒的なパフォーマンスを見せ、次期No.1候補としての地位を確固たるものにした。 フランスのニース出身のフィオロットは、ブランチフィールドのテイクダウンの試みを跳ね返し、クリーンストライクを決めてジャッジ全員一致の50対45のスコアカードを獲得した。 女子125ポンド級のメインイベントは、2018年以来アトランティックシティで初のUFCイベントのヘッドライナーとなった。

34歳のフィオロートはUFCで7勝0敗で、今年後半にメキシコ王者アレクサ・グラッソとヴァレンティーナ・シェフチェンコのチャンピオンシップ3WAYマッチの勝者と対戦するのはほぼ確実だ。

「準備はできています」とフィオロットは言った。 「タイトルが欲しい、それだけだ。何があろうとも準備はできている」。

ニューヨークを拠点に戦うブランチフィールド(12勝2敗)は、5ラウンドのメインイベントで多くのハートを見せたが、より大きくて優れたストライカーには単純に負けた。 ブランチフィールドは地上でもフェンス上でも試合をコントロールするのに苦労したため、フィオロトの体格は試合では大きな違いとなった。 ブランチフィールドの最大の強みは組み技だが、24歳の彼女はフェオロットを倒すのが難しいことを受け入れているようで、足で彼女に挑戦した。

UFCの統計によると、フィオロッドは合計打撃数でブランチフィールドを164対142で上回った。 合計攻撃の確率は悪くありませんでしたが、フィオロットは明らかにカウンターの右手に頼ってより強い攻撃を当てました。 彼女は第3ラウンドでブランチフィールドの右目をカットし、第4ラウンドでは別の右手で彼女を気絶させた。

フィオローテの戦績には、ブランチフィールド、ローズ・ナマユナス、ケイトリン・セルミナラ、ジェニファー・ミアに対する勝利が含まれる。

READ  情報源 - サンズがウィザーズのブラッドリー・ビールのトレードを最終決定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です