モルディブが大統領選挙で投票するかどうかはインドか中国が決めるだろう

マレ、モルディブ (AP通信) — モルディブ人は土曜日に投票した 第二回大統領選挙 これは、インドと中国のどちらの地域大国がインド洋諸島で最大の影響力を持つかを決める事実上の国民投票となった。

主要野党候補のモハメド・ムイス氏も現職のイブラヒム・モハメド・ソリハ大統領も、9月の第1回投票では50%を超える票を獲得できなかった。 2018年に大統領に初当選したソーリフ氏は、インドでの自由な駐留を許可したというムイス氏の非難と戦っている。 ムイス氏の政党「人民代表大会」は親中派とみられている。

第1回投票ではムイス氏が46%以上の得票率で予想外のリードを奪い、ソリ氏は39%を獲得した。

ソーリフ氏は、モルディブにおけるインド軍の駐留は両国政府間の合意に従って埠頭の建設のためだけであり、国の主権は侵害されないと主張した。

同氏が大統領に当選した場合、モルディブからインド軍を排除し、国の貿易関係の均衡を保つと約束した。

クロエにとって2期目は厳しい挑戦とみられており、彼女のチャンスは党の離脱派のメンバーが彼女に投票するかどうかにかかっている。

カリスマ的な元大統領モハメド・ナシードはクロエ氏率いるモルディブ民主党から離党し、第1ラウンドで立候補を取り下げた。 彼女は第2ラウンドでは中立を保つことを決めているが、彼女の支持者の中にはクロエを支持する人もいるだろう。

人民代表大会のアブドラ・ヤミーン党首は、2013年から2018年の大統領在任中、モルディブを中国の一帯一路構想の一部に加えた。 その取り組みは鉄道の建設でしたアジア、アフリカ、ヨーロッパにわたる貿易を拡大するための港と高速道路、そして中国の影響力。

エンジニアで住宅大臣を7年間務めたムイス氏は、マネーロンダリングと汚職で服役中のヤミーン氏に対し、最高裁判所が選挙への立候補を差し止めたため、人民大会派の予備候補として初めて選出された。 。

モルディブはインド洋に浮かぶ 1,200 のサンゴ礁の島々で構成されており、東西を結ぶ主要な航路上にあります。

「この5年間は、私たちがこれまで見た中で最も平和で繁栄した5年間でした。 私たちには政治的平和があり、野党候補者が毎日投獄されることはない」と土曜日の二度目の選挙でソリ氏に投票したと述べたアブドゥル・ムフシン氏は語った。

別の有権者であるサイード・フセインさんは、「インド軍がモルディブから撤退することを望んでいる」ためムイス氏を選んだと述べた。

「モルディブ軍がいかなる統制力も持っているとは思えない。 「これらを変えてインド軍をモルディブから撤退させることができるのはムイだけだ」と彼は語った。

有権者28万2000人のうち78%以上が投票した。 結果は日曜日に判明する予定だ。

READ  ウィル・ルイス氏がワシントン・ポストのCEOに任命される

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です