ユタ州雪崩でスキーヤー2人死亡。 1 自ら掘り出した:警察

当局者らによると、スキーヤーらはソルトレークシティー近郊のローン・ピークで行方不明となった。

ソルトレークシティー統一警察署によると、木曜日にユタ州ローンピークで雪崩が発生し、スキーヤー2人が死亡、3人目が入院した。

警察によると、スキーヤーらは奥地で雪崩に埋もれたとみられる。

死亡したのは32歳と23歳の男性2人であると判明した。 エイミー・レース氏は記者団に語った。

レース氏によると、このスキーヤーは入院したが、軽傷の治療を受けていたが、雪から自力で脱出し、助けを求める前に友人2人を救おうとしたという。

当局者らは、雪崩の状況が非常に危険だったため、捜索救助の専門家が墜落現場に到達できなかったと述べた。

警察によると、木曜午後、再び山に雪が降り、救助活動は中止された。 ユタ州雪崩センターはABCニュースに対し、救助活動は金曜日まで中止されたと語った。

ユタ雪崩センターのクレイグ・ゴードン氏は記者団に対し、日中の暖かさで降雪量が安定することが多いため、スキーシーズン後半に大規模で危険な雪崩が発生することはまれであると語った。

最近の約30インチの嵐により気象状況が急速に変化し、リスクが劇的に高まったとゴードン氏は述べた。 同氏は、ローン・ピークの北側の地域は急峻で技術的な場所であり、救助活動が複雑になっていると述べた。

資源が豊富な近くのスキー場ではよくあることだが、アルタスキー場はその日の早い時間にABCニュースに対し、スキーパトロールと雪崩救助犬が捜索救助活動を支援していると語った。

によると コロラド雪崩情報センター

READ  ボストン マラソンのハイライト: エバンス セベット リピート チャンピオン。 ヘレン・オビリがボストンデビュー戦で優勝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です