ユーロ圏のインフレは 3 月に緩和したが、ECB の行方は依然として不透明

  • 1.6 ポイントの低下の主な理由は、エネルギー コストの低下です。
  • これらの数字は、欧州中央銀行が 7 月に始まった利上げサイクルの一時停止を検討する可能性があるという十分な証拠を提供していません。
  • ECB は 3 月に金利を 50 ベーシス ポイント引き上げ、主要なベンチマーク金利を 3% に引き上げました。 ただし、今後数か月で金利が決定される可能性は示されていません。

スペイン、マドリッドの露店。 アナリストは、ユーロ圏外の最新のインフレ率を要約しています。

ヨーロッパ プレス ニュース | ヨーロッパプレス| 良い写真

エネルギー価格が引き続き下落する中、ユーロ圏のインフレ率は 3 月に大幅に緩和しましたが、コア支出は過去最高を記録しました。

金曜日に発表されたユーロスタットの速報値によると、20 加盟国ブロックの 3 月のコアインフレ率は 6.9% でした。 比較すると、 2月総合インフレ率は 8.5% でした。

この 1.6 ポイントの低下の主な理由は、エネルギー コストの低下です。

ただし、インフレ バスケットの他の部分は、頑固に高いままです。 食品価格は、3 月の全体的なインフレ率に大きく貢献しました。

変動の激しいエネルギー、食品、アルコール、タバコの価格を除くコア・インフレ率は、前月からわずかに上昇しました。 過去最高の5.7%を記録 3 月、2 月は 5.6% でした。

この数字は、欧州中央銀行が 7 月に始まった利上げサイクルの一時停止を検討する可能性があるという十分な証拠を提供していません。

キャピタル・エコノミクスの副チーフ・ユーロ圏エコノミスト、ジャック・アレン・レイノルズ氏は、「ECBの政策担当者は、3月のインフレ率の低下をあまり考慮せず、主要金利が新記録を達成することをより懸念するだろう」と述べた。 金曜日のメモで。

彼は、見出しの数字が緩和されたとしても、ECB は利上げを続けるだろうと述べた。

ECBのメンバーであるイザベル・シュナーベルは木曜日に見出しを作りました 炎症 緩和し始めたが、コア・インフレは粘り強いことが証明されている。

昨年のエネルギー価格の上昇は経済全体に急速に広がりましたが、消失には長い時間がかかり、完全に対称になるかどうか、つまりすべてが下落するかどうかさえ明らかではありません. ロイターによると、木曜日のイベント。

ECB は 3 月に金利を 50 ベーシス ポイント引き上げ、主要なベンチマーク金利を 3% に引き上げました。 ただし、今後数か月で金利が決定される可能性は示されていません。

最近の銀行の混乱は、中央銀行がインフレに対処するために金利を動かすことに積極的すぎるのではないかという疑問を提起しています. ECB のチーフ エコノミスト、フィリップ レーン氏は、銀行の不安定性が緩和するためには、インフレ率の上昇に対応するためにさらなる利上げが必要になると述べました。

READ  スコット・ピーターソン:裁判官はレイシー・ピーターソンが新たな殺人裁判を求めている際に発見されたダクトテープを再考する可能性がある

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です