ラナ・デル・レイ、タイラー・ザ・クリエイター、ドージャがコーチェラ2024のヘッドラインに登場

ラナ・デル・レイ、タイラー・ザ・クリエイター、ドージャ・キャットが今年のコーチェラのヘッドライナーを務めると火曜日に発表され、4月12~14日と4月19~21日の週末にインディオで公演が行われる。 間違いなく、これはコーチェラのラインナップが外される直前の再結成をからかうもので、過去2年間にカルヴィン・ハリスやスウェディッシュ・ハウス・マフィアといった著名なアーティストがリストアップされてきたのと同じ枠にフェスティバルのラインナップをリストアップした。

次回のヘッドライナー枠の前に、デル・レイが最後にコーチェラに出演したのは10年前の2014年で、パンデミックでフェスティバルが中止になる前は2020年版に出演する予定だった。 1月1日、自身のインスタグラムでコーチェラ復帰をほのめかしたようだった。 画像を公開します 彼の曲「コーチェラ – ウッドストック・イン・マイ・マインド」のオーディオ付きの2014年のパフォーマンスより。

一方、タイラーは昨年カリ・ウチスのステージに加わり、2017年のアルバムに収録されているコラボ曲「シー・ユー・アゲイン」を披露した。 花少年 彼はゲストアーティストとして、また自身のセットのソロアーティストとして、コーチェラで数回パフォーマンスを行っています。

ドージャ・ケイトが最後に出演したのは2022年、フェスティバル初の毎年恒例の新型コロナウイルス感染症イベントであるコーチェラで、彼女は週末全体で傑出したセットの1つを披露した。

バンドのメンバーがビデオ通話で一緒にショーをしたいと発言したことを受け、グウェン・ステファニーは火曜日のインスタグラムへの投稿で、ありそうもない再会をからかった。

トレンド

コーチェラにはトップライナー以外にも、ブラー、アイス・スパイス、リル・ウージー・ヴァート、デフトーンズ、ビービー・レクサ、ブリーチャーズ、グライムス、ジェン・アイコ、レニー・ロブなどの主要アーティストが出演する予定だ。

米国のK-POPグループのアティーズは昨年ビルボード200で初のナンバー1アルバムを獲得し、世界中のジャンルが引き続きチャートインする中、コーチェラのラインナップにはさらに世界的なアーティストが増えている。 初めて。 ジェイ・バルビン、ベゾ・プルマ、ビズラップなどラテン音楽界の重鎮も出演し、ラテン系アーティストは引き続きフェスティバルに出演する。 近年では、Grupo Firm、Becky G、Los Ducanes de Tijuana などのメキシコ人アーティストが表舞台に立ってきました。 バッド・バニーは昨年、フェスティバルのヘッドライナーを務めた初のスペイン語アーティストとして歴史に名を残した。

READ  米国のコアインフレ率の上昇は頑固な物価圧力を浮き彫りにする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です