ロシアの攻撃の波の中でウクライナ全土の都市で爆発

12月29日未明、キエフ、ザポリージャ、ドニプロ、ハリコフ、オデッサ、リヴィウで爆発音が聞こえた。 によると 現地レポート用です。

ロシアはウクライナ全土の地域を標的に一晩中無人機とミサイルの集中砲火を発射した。

リヴィウでは、現地時間午前8時20分ごろ、キエフ独立記者らにより数回の爆発音が聞こえた。

リヴィウ市長アンドリー・サドヴィ 言った 予備情報によると、10機以上のシャヘド無人機がリヴィウ地域を攻撃した。

フメリニツキー、リブネ、ルーツクを含むウクライナ西部の他の地域でも、ポーランドとの国境付近に空襲警報が出された。

キエフ市軍事政権 報告 現地時間午前8時20分の時点で、キエフの少なくとも2つの地区ではまだ瓦礫が落下していた。 爆発により地下鉄ルキヤニフスカ駅の建物が損傷した。

市当局も複合施設で火災が発生したと報告した 倉庫 地元報道によると、ドニプロペトロウシク州キエフでショッピングセンターから火災が発生した。 サドヴィ氏はリヴィウの「重要インフラ施設」で火災が発生したと発表した。

ハリコフ知事オーレ・ツィニフボフ 報告 午前6時20分の時点で、ハリコフ市は一晩で10回のロシアによる攻撃を受けた。 午前8時少し前、再び空襲警報が鳴り響いた。

キエフで爆発音、市長が住民に避難勧告

12月29日にキエフで爆発音が聞こえ、ヴィタリー・クリチコ市長は住民に避難するよう呼び掛けた。

READ  ウォリアーズのスティーブ・カー監督、2年間の契約延長に同意:関係者

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です