ヴォロディミル・ゼレンスキー大統領、ロシアと中国が和平首脳会談を損なったと非難

画像ソース、 良い写真

画像のキャプション、 ゼレンスキー氏は「中国は各国が和平サミットに参加しないように努めている」と述べた。

  • 著者、 テッサ・ウォン
  • ストック、 BBC ニュース、シンガポール

ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は、スイスで開催される世界平和サミットを台無しにしようとしているとしてロシアと中国を非難した。

同氏は、ロシアは他国の参加を阻止しようとしており、中国も同様のことを試みていると述べた。

同氏はアジア安全保障フォーラムで講演し、「ロシアの兵器の部品」は中国から来ているとも述べた。

中国はウクライナ戦争ではどちらの側にも立たないと主張しているが、特に米国はこの立場に疑問を抱いている。

中国政府はモスクワに兵器の部品を送ったと非難されている。 また、大量の石油とガスを購入することで西側制裁の影響を和らげ、ロシア経済を下支えすることも期待されている。

ゼレンスキー氏は、シンガポールでのシャングリラ対話にロイド・オースティン米国防長官や中国の東軍国防相を含む世界中の安全保障指導者が出席したことに驚いた様子だった。

この訪問はアジア諸国からの支援を集めることが目的だった。 地域指導者らとの会談とは別に、同氏は代表に対し、6月下旬のサミットに出席するよう促した。

ゼレンスキー氏は、核安全保障、食糧安全保障、ロシアに拘束されている捕虜の解放、ウクライナ人の子供たちの解放に焦点を当てると述べた。

同氏によると、これまでに106カ国がサミットに高官や首脳を派遣すると表明している。

ロシアは招待されず、中国も参加しなかった。

ロシアは当初、スイスには参加したくないと言っていたため、ロシアは正式に招待されなかった、とBBCは理解している。

ゼレンスキー氏は、ロシアが各国を出席しないよう脅したり、農産物や化学薬品、エネルギーを禁輸すると脅したりすることで、サミットの不安定化を図っていると述べた。

一部の国がこの「外交混乱」を助けていると同氏は付け加えた。

さらに同氏は中国を名指しし、中国は「各国が平和サミットに参加するのを阻止しようとしている」と述べ、中国は米国とは異なり、高官レベルの代表派遣を約束し、他の国々にも出席を奨励していると述べた。

中国外務省は、この会議にはロシアとウクライナの承認と平等な参加が必要だと述べた。 「そうでなければ、会議が平和の回復に重要な役割を果たすことは困難になるだろう」と報道官は金曜日に述べた。

ゼレンスキー氏は、中国の習近平国家主席が先に「この戦争を脇に置き、ロシアを武器で支援しない」と約束したと述べた。

しかし、さまざまな情報機関によると、現在「ロシアの兵器の一部である部品」が中国から輸入されていると同氏は付け加えた。 同氏は中国に対し「堅実な」姿勢を維持するよう求めた。

米国は、中国がロシアのさらなる兵器、装甲車両、ミサイルの製造を支援していると述べた。 ロシアの工作機械の約70%とマイクロエレクトロニクスの輸入の90%は中国から来ていると推定している。

これに先立ち、中国の東軍国防相は、ウクライナは紛争のどの側にも武器を供給していないと述べた。

同氏はまた、民生および軍事目的の両方に使用できる軍民両用技術の輸出に「厳しい制限」を設けていると述べた。

同氏は演説で「われわれは火に油を注ぐようなことは何もしていない。われわれは断固として平和と対話の側に立っている」と述べた。

ゼレンスキー氏はタン氏と会話したことはないが、オースティン氏には会ったと述べた。 ゼレンスキー氏によると、両者はウクライナがロシア領土内で米国の兵器を使用することを許可する米国の決定について話し合ったという。

この決定にはいくつかの制限が伴います。 制限の解除を求めたかBBCに質問された同氏は、ウクライナの激戦地ハリコフ州との国境でHIMARSロケット砲システムの使用を許可した米国に感謝していると述べた。

同氏は「それだけで十分なのか?いいえ」と述べ、「ウクライナが反撃しないことを承知で」ロシアが絶えず発砲している飛行場があると付け加えた。

米国はフランスなど他の西側諸国と連携し、ウクライナに西側供給の兵器使用の自由を与えている。 ロシアはこの措置が「深刻な結果」をもたらすと警告した。

今週末、ゼレンスキー氏は開戦以来2度目となるアジア訪問を行った。 彼は1年前、日本の広島で開かれたG7首脳サミットにサプライズで登場した。

READ  ベネズエラ人、ガイアナとの係争地域の将来を決める投票を行う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です