一部の観光客はアカプルコでハリケーン オーティスにどう立ち向かったのか

遊ぶ

ジョセフ・ナムリクさんは火曜日の夜、メキシコのアカプルコにあるホテルの部屋のバスルームで眠った。 彼は水深約1インチのところで目を覚ました。

サウスカロライナ州から旅行していたナムリクさんは、同国を襲った史上最強の嵐の一つであるハリケーン・オーティスによって中断されたアカプルコでの鉱山会議に出席していた参加者の一人だった。 彼と人気の海辺のリゾート地を訪れた他の観光客は台風の影響でホテルで足止めされ、現在はメキシコシティで安全な場所を探している。

オーティスは水曜早朝、カテゴリー5のハリケーンとしてメキシコの南海岸に上陸した。 木曜午後の時点で27人が死亡した。

コロラド州立大学の研究気象学者ビル・クロッツバッハ氏によると、オーティスの急速な発達には誰も準備できていなかったという。これは東太平洋のハリケーンとしては過去57年間で最も速い12時間の発達速度だという。

ニューフィールズ社の建設マネージャー、ナムリク氏は、到着した時には天候がこれほど劇的に変わるとは思っていなかった、と語った。 「まさに嵐になるだろう」と彼はUSA TODAYに語った。

ソーシャルメディア上の動画には、うなる風が屋根を吹き飛ばし、浸水した道路沿いの木が倒れる様子が映っていた。

ナムリク氏によると、大会参加者の中には風と雨のため一晩中コンベンションセンター内に閉じ込められた人もいたという。

彼は火曜日の夜にパラシオ・ムンド・インペリアルのホテルの部屋に戻ることができた幸運な人の一人だった。 ホテルの従業員らは宿泊客に対し、客室内では「静かにして」ガラスの引き戸を閉めておくよう指示した。 ホテルでは一晩中食事と水が提供されます。

「嵐の始まりが本当にひどく、風が強くなると瓦礫が吹き始めた」とナムリクさんは語り、風の力で建物が動くのを感じたと付け加えた。

ナムリクさんは、向かい側の部屋の引き戸が陥没し、宿泊客らを退去させたとき、5階にいたと語った。

真夜中過ぎに停電が起こり、午前1時頃に風が強くなったため、バルコニーのドアの雨戸を押さえるために椅子を置き、バスルームで寝た。

「以前にもハリケーンを経験したことがありますが、寝るのが大変でした」と彼は語った。

水曜日の朝、ホテルの廊下は屋上からの水で濡れ、屋内では風が吹いていた。 ガラス張りのエレベーターも破壊された。

ナムリクさんは水曜日の朝に同僚たちと会い、近くのスーパーマーケットまで歩いたが、そこで水やその他の乾物を買うために4時間以上も待たされた。

天候が悪化するとバスが到着し始め、ホテルは人々をメキシコシティに連れ戻すよう調整した。 彼はホテルを予約しており、予定通りメキシコ旅行を続ける予定だ。

寄稿者:AP通信

READ  フランスは学校での刺傷事件やモスクでのナイフによる逮捕事件を受けて7000人の軍隊を動員し、厳戒態勢を敷いている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です