世界的なIT障害でマクドナルド店舗が打撃を受ける

林紀子/ブルームバーグ/ゲッティイメージズ

東京のマクドナルド店舗の写真、2020年1月。


ロンドン/香港/ニューヨーク
CNN

マクドナルドは金曜日、システム障害に見舞われ、米国、オーストラリア、日本、香港、英国を含む世界中のレストランが閉鎖され、オンラインやアプリでの注文が中断された。

東部時間午前1時頃 マクドナルド (MCD) グローバル最高情報責任者のブライアン・ライス氏は、同社のウェブサイトに掲載された声明で、「グローバルなテクノロジーシステムで障害が発生したが、迅速に特定され、修正された」と述べた。

同氏は「多くの市場がオンラインに戻り、残りの市場もオンラインに戻りつつある」と述べた。 「この問題はサイバーセキュリティインシデントによって直接引き起こされたものではありません。 むしろ、設定変更中のサードパーティプロバイダーによって引き起こされました。」

以前、 ニューヨークのマクドナルド店舗のレジ係はCNNに対し、店舗のITシステムが午前1時頃にダウンし、午前5時頃に復旧したと語った。

一方、日本マクドナルドXは金曜日の投稿で、「全国のいくつかの店舗が一時的に営業を停止している」と述べた。

イギリスのマリア・アブラムさんはマクドナルドのレストランで働いている 同氏がCNNに語ったところによると、ロンドンでは現地時間午前6時から午前7時(東部時間午前2時から午前3時)の間にシステムがダウンし、従業員が直接注文を取り、厨房にいる同僚に何を調理するかを伝えなければならなかった。

オーストラリアのマクドナルドの広報担当者はCNNに対し、全国の同社レストランが停電の影響を受けていると語った。

香港や台湾でも問題が報告されている。

香港マクドナルドはフェイスブックで「コンピューターシステムの停止のため、モバイル注文とセルフ注文キオスクが機能していない。 レストランのカウンターで直接注文してください。 これらのサービスは現在は復旧したと後ほど述べた。

台湾のファストフードチェーン「マックデリバリー」サービスはウェブサイトで「システムメンテナンス中のため、ネット注文と電話注文サービスを一時停止している」と発表した。

台湾の放送局TVBSは、台湾マクドナルドの一部のレストランとマックデリバリーがインターネット障害により一時的に取引ができなくなったと伝えたと報じた。 TVBSの報道によると、マクドナルドは状況を調査し、必要な修理を行っていると顧客に明言した。

マクドナルドがあります 41,800以上の店舗 全世界では、最大の市場である米国に約 13,500 台が存在します。

影響を受けていることが知られている他の国の中で、マクドナルドの店舗数が最も多いのは日本で約3,000店舗、次いで英国の1,500店舗、オーストラリアの1,000店舗以上である。

この停電により、マクドナルドにとって今年は不安定なスタートとなった。 同社は先月行った最新の決算説明会で、中東戦争が同社の事業に影響を及ぼしており、今後も影響は続くだろうと述べた。 他のアメリカのブランドと同様に、この地域のいくつかの市場でボイコットの被害を受けている。

クリストファー・ケンプチンスキー最高経営責任者(CEO)は、マクドナルドがマレーシアやインドネシアなど他のイスラム諸国での売上に多少の悪影響を及ぼしていると述べた。

このストーリーは追加情報を追加して更新されました。

READ  ドイツは原子力時代を終わらせ、最後の工場を閉鎖している

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です