中国、マイクロン製品の安全性審査に不合格、一部購入を阻止

[北京 21日 ロイター] – 中国のサイバースペース規制当局は日曜日、米国のメモリーチップメーカー、マイクロン・テクノロジー( MU.O )製製品がネットワークセキュリティ審査に不合格となったため、主要インフラの運営者が同社から購入することを禁止すると発表した。

中国の重要な情報インフラの広義の定義によれば、この決定は、半導体技術をめぐる米中両国の紛争のさなか発表され、通信から運輸、金融に至るまでの分野が対象となる可能性がある。

中国サイバースペース局(CAC)は声明で、「マイクロン製品には深刻なネットワークセキュリティリスクが含まれていることが判明した。これは中国の重要な情報インフラのサプライチェーンに重大なセキュリティリスクをもたらし、中国の国家安全保障に影響を与える」と述べた。

マイクロンは、中国で販売される同社製品を見直す決定についてCACから通知を受け取ったと述べ、「中国当局との継続的な協議を楽しみにしている」と述べた。

CACは、どのようなリスクを特定したのか、またどのマイクロン製品が影響を受けるのかについては詳細を明らかにしなかった。

ジェフリーズのアナリストらは、マイクロンの中国における主な顧客はインフラサプライヤーではなく、スマートフォンやPCメーカーなどの家電メーカーであるため、マイクロンへの影響は限定的だと予想している。

「マイクロンのDRAMおよびNAND製品はサーバーに限定されているため、中国での収益のほとんどは通信会社や政府によって生み出されたものではないと考えている。したがって、マイクロンの最終的なエクスポージャは非常に限定されるだろう」と両社はメモで述べた。

マイクロンはDRAMおよびNANDフラッシュメモリチップを製造しており、韓国のサムスン電子(005930.KS)やSKハイニックス(000660.KS)、東芝(6502.T)の一部門である日本のキョーキシアと競合している。

SKハイニックスとサムスンの株価は月曜序盤にそれぞれ1%と0.5%上昇し、市場全体(.KS11)は0.6%上昇した。 東芝株は横ばい。

タフツ大学教授で『チップ戦争:世界で最もクリティカルな技術をめぐる戦い』の著者であるクリストファー・ミラー氏は、CACの発表のタイミングは重要であり、日本での主要7カ国(G7)首脳会議中に行われると述べた。 」

マイクロンは先週、日本の紫外線技術に最大5000億円(37億ドル)を投資する計画を発表し、現在チップ産業の復活を目指している日本に高度なチップ製造技術を導入する初のチップメーカーとなる。

ジョー・バイデン米大統領は日曜、G7諸国が「中国との関係のリスクを軽減し、多角化する」ことで合意したと述べた。 両首脳はまた、経済的「強制」に対抗するためのイニシアチブを確立することでも合意した。

ミラー氏は「今回の件は、この分野におけるG7の取り組みの初期の試練となるかもしれない」と述べた。

中国は3月下旬、マイクロン製品を見直していると発表した。 当時、同社は協力しており、中国での事業運営は正常であると述べた。

米中紛争で、米国政府は中国への半導体製造技術の一連の輸出制限を課し、マイクロンのライバルである長江メモリーテクノロジーズによる米国製部品の一部購入を阻止する措置を講じた。

中国との競争に関する米議会の特別委員会のメンバーを含む米当局者らはコメント要請にすぐには応じなかった。

マイクロンは売上高の約10%を中国から得ているが、この決定が同国の非中国人顧客に対する同社の売上に影響を与えるかどうかは不明だ。

ジェフリーズ氏によると、同社は昨年、中国と香港から52億ドルの収益を上げており、これは総収益の約16%に相当するという。

アナリストらによると、マイクロン製品の大部分は中国に流入し、中国以外の企業が中国で製造する製品に使用されているという。

中国は2021年9月に重要な情報インフラの保護を目的とした規則を課し、事業者に対しデータ保護などの分野でより厳しい要件に従うことを義務付けた。

中国政府は公共通信や交通など「重要」と考える産業を広く定義しているが、どのような企業や事業目的に使用されるのかは具体的には明らかにしていない。

Kevin Yao によるレポート。 編集:エレイン・ハートキャッスル

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  Google、ピザのヒントを求められた後、AI検索結果を擁護

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です