中国の呼吸器疾患はパンデミック以前ほどではない=WHO当局者

上海、11月27日(ロイター) – 現在の中国における呼吸器疾患の急増は、新型コロナウイルス感染症パンデミック以前ほどではないと世界保健機関当局者は述べ、最近では新たな、あるいは異常な病原体は確認されていないと繰り返した。 。 ケース。

WHOの疫学・パンデミック準備予防局の局長代理、マリア・ファン・ケルコフ氏は、この増加の原因は、2年間の新型コロナウイルス感染症制限措置中に避けていた病原体にさらされた子どもの数の増加であると述べた。

「私たちはパンデミック前の比較について尋ねました。現在見られている波は、2018年から2019年に見られたピークほど高くありません」とヴァン・ガーコフ氏は語った。 言った 金曜日の健康通信社STATとのインタビューで語った。

「これは新しい病原体の兆候ではありません。これは予想されています。これはほとんどの国が数年前に対処したことです」と彼は付け加えた。

中国国家衛生健康委員会の報道官、ミー・フェン氏は日曜、急性呼吸器疾患の増加は数種類の病原体、特にインフルエンザが同時に流行することに関連していると述べた。

先週、新興疾患監視プログラムを通じて小児における未診断の肺炎の集団発生の報告を引用し、世界保健機関が中国にさらなる情報提供を求めたとき、この急増は世界的な問題となった。

中国とWHOは、2019年末に中国中部の都市武漢で発生した感染症の初期報告の透明性を巡り疑問に直面している。 WHOは金曜日、最近の流行では新規または異常な病原体は確認されていないと発表した。

北京や遼寧省などの北部地域では小児の感染者数が多く、病院は待ち時間が長いと警告しているため、保健当局は日曜日、地方自治体にインフルエンザ診療所の数を増やすよう要請した。

北京裕安医院感染症科の李東成主任医師は環球時報に対し、職場の若者や学校の子供たちによって広がる新たな呼吸器疾患は今後2週間でピークに達する可能性があると語った。

同首相は月曜日に発表した声明で、高齢者が家族の集まりの際にウイルスにさらされる可能性があるため、第2波のピークが年末年始に訪れる可能性についても警告した。

アンドリュー・シルバーによるレポート。 編集:ミヨン・キム、ミラル・ファーミー、サイモン・キャメロン・ムーア

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

ライセンス権を取得する新しいタブを開きます
READ  Apple、iPhoneを米袋の中で乾燥させないでくださいと発表

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です